音楽×RPG世界観「ラファンドール国物語」、新曲のMV公開

ツイート


“音楽×RPG世界観 -音で紡ぐファンタジー作品-”をコンセプトに置くエンターテイメント・ファンタジー作品『SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語』より、新曲「ひとつだけ」のミュージックビデオが公式YouTubeチャンネル及び、公式サイト内で公開された。

◆「ひとつだけ」MV映像

ワーナーミュージック・ジャパンが手掛ける『SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語』とは、音楽とストーリーが融合する新しい形のエンターテイメントファンタジー作品である。物語は毎週インターネット上で更新され、ストーリーと音楽を豪華声優陣が盛り上げる。

ストーリー原作・作詞・作曲は矢内景子が、サウンドプロデュースは近谷直之が担当しており、シナリオ・脚本は、『ファイナルファンタジー』シリーズや『キングダムハーツ』シリーズなどのシナリオや脚本を数多く手掛ける野島一成が担っている。

豪華声優陣には、主人公リエン役を花江夏樹、その妹トレスタ役を日岡なつみ、謎の少女シェルシュ役を福島亜美、アイソル役を梅原裕一郎、ブライ役を浪川大輔、狂気の男ネブラエス役を鈴木達央、ラウラ役を本多陽子、エマ役にはニコニコ動画「歌ってみた」カテゴリ再生数NO.1動画を持つ人気歌い手・ろんがゲスト参加。そして主人公、リエン、トレスタの母親ベネッタ役を夏木マリが務める。




この記事をツイート

この記事の関連情報