SEが流れ始めると同時に起こったハンドクラップがやたら大きい。待ち望んでいた瞬間が、ついにやって来たという感じだ。その興奮ぶりに呼ばれるように、仙台の地に降り立ったのは、究極の生命体=MAN WITH A MISSION。

◆MAN WITH A MISSION 画像

Kamikaze Boy(B)が襲い掛かるようなガウガウ・ポーズを決めれば、アリーナのあちこちから、やはりガウガウ・ポーズをするオーディエンス達。そしてTokyo Tanaka(Vo)がバンドのフラッグを広げた直後、バンド・サウンドが轟いた。



「レディース&ジェントルメーン! We Are The MAN WITH A MISSION!!」──Jean-Ken Johnny (Vo,G)

この言葉を合図に、ストリングスのスケール感あるフレーズが響き、それだけで何の曲か分かったオーディエンスはコーラスを歌い出す。こうして「Raise your flag」からライブへ突入。曲調もあって、最初はストイックにプレイしているように見える狼。しかし徐々に本性を発揮する。獰猛な形相にふさわしいストロングな音が放出され続け、ファンを次々に刺激。クラウドサーフしようという猛者まであちこちに。

そして曲が「database」になったときだ。腰に手を当てて軽快にジョギングしながらニコニコと走り出てきたのは、10-FEETのTAKUMA。この曲は音源でTAKUMAをフィーチャーしているから、ライブで一緒になるなら、観に来た側としても出てこなきゃ許されないのだ。TAKUMAは、Tokyo Tanakaと並んでリリックを決めてみたり、煽るようにマイクを客席に向けてみたり、自分のライヴ前だというのに、一足先に楽しみまくっている。



「楽シンデマスカ。…アッ、ソウ。外ハ寒イヨウデスケド、中ハ温マッテマスネ。アッ、ソウ…。我々、究極ノ生命体デゴザイマス。ソシテ久シブリニ東北デ ライブデキルコトニ、テンション ガ メチャメチャ上ガッテマスノデ、ソンナ感ジデハチョットデキナイナ。ヤレンノカ、人間ノ野郎共! オマエラハ今年モヤレンノカ!! 最後マデヤレンノカ! ダッタラ思ウ存分、掛カッテ来ンカイ!」

続く「Get Off of My Way」からライブはさらに激化。何しろ、ライブとツアーで鍛え上げたキラー・チューンのひとつでもある。勢いもパワーも半端じゃない。狼のライヴ・パフォームも、この曲をきっかけにどんどんブッ壊れていく。ポンコツという意味のそれではない。Kamikaze Boyは客席に飛び降り、人間の皆様の中にガウガウと入り込み、遠慮なしにベースを弾きまくる。



2016年12月に配信リリースされた「Hey Now」では、曲の途中で、オーディエンス全員を座らせ、合図と共に一斉にジャンプさせるJean-Ken Johnny。さらに、やはりキラー・チューンのひとつである「FLY AGAIN」では、パーティ野郎として人間界でもすっかり有名なDJ Santa Monicaが客席に襲いかかった。あちこちのアリーナ・ブロックを挑発し、フライ・アゲイン・ダンスを共に決めまくる。究極の生命体と人間の、第何次か分からないが、接近遭遇だ。ついにはKamikaze Boyは、闇夜で遠吠えする狼のように目を光らせ、ベースのネックにかぶりつく。MCどおり、テンション最高潮の狼達だ。

「楽シンデマスカ、人間ノ皆サン。東北デライヴガデキテ心ヨリ嬉シク思ッテオリマス」

さっきは不満足そうなことを言っていたJean-Ken Johnnyだが、ファンの盛り上がりに、すっかりご機嫌ちゃん。そして東北の人達にメッセージするのは、心からの気持ちだった。

「辛イ思イ出ヲ引キズルコトデハナク、前ヘ進ンデ行クコト、立チ上ガロウッテ気持チヲズット繋ゲルコトガ大事ダト思イマス。ココニイル皆様ト東北ノ皆様ニハ、本当二心カラ リスペクト申シ上ゲマス。繋イデ イキマショウ」


「フォーカスライト」の飛翔感あるメロディは、オーディエンス全員の気持ちも包み込み、会場には多幸感も生まれていく。そのままラストは「Emotions」。「Singing!」とJean-Ken Johnnyの声で、今度は客席全体から温かいコーラスが生まれていった。互いの気持ちが通じあって自然に生まれるドラマティックさがそこにある。もちろん本当の最後は、Spear Rib(ds)の「1,2,3,ガー!」だったが、感動のエンディングをMAN WITH A MISSIONと東日本大作戦番外編のオーディエンスは作り出した。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎HayachiN

■【MAN WITH A MISSION セットリスト】

1.Raise your flag2.database feat.TAKUMA (10-FEET)
3.Get Off of My Way
4.Hey Now
5.FLY AGAIN
6.フォーカスライト
7.Emotions


■10-FEET主催<東日本大作戦番外編>

2017年1月14日(土)宮城・ゼビオアリーナ仙台
▼出演アーティスト
Ken Yokoyama / G-FREAK FACTORY / 10-FEET / NUBO / MAN WITH A MISSION / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY
2017年1月15日(日)宮城・ゼビオアリーナ仙台
▼出演アーティスト
サンボマスター / SiM / SUPER BEAVER / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / NAMBA69 / WANIMA
※仙台市太白区あすと長町1-4-10 東北本線「長町駅」より徒歩5分
開場12:00/開演13:00/終演20:30予定
▼チケット
全券種SOLD OUT

◆BARKS内<東日本大作戦番外編>特集
◆<東日本大作戦番外編>オフィシャルサイト
◆10-FEET オフィシャルサイト
◆MAN WITH A MISSION オフィシャルサイト