新年が明け1月も中旬にさしかかった頃、人間椅子 鈴木研一(Vo&B)と話をする機会を得た。

2月1日に発売となるライブ盤『威風堂々〜人間椅子ライブ!!』へのインタビューなのだが、ライブ盤ということで、「お互いに思い出のライブ盤を持ち寄り、それを聞きながら話しましょか」なんてことになった。そんな楽しげな状況で話が無駄に弾まないわけがない。結果、ロック好きのふたりがただただ他愛もない音楽談義に興じるだけという、正月気分の抜け切らないゆる〜い雑談企画に変貌してしまった。

以下は、鈴木研一とBARKS編集長 烏丸哲也による、とりとめもないロック談義である。酒でも呑みながら、ぬらりくらりとお楽しみいただければ幸いだ(お酒は20歳から)。

◆アナログレコード 画像

  ◆  ◆  ◆

BARKS編集長 烏丸哲也:ということで、ライブ盤…しかもアナログレコードをお互い持ち寄りましたが。

鈴木研一:昔から友達と聴かせたり聴かせてもらうのって大好きで、このキャッチボールができるなと思って、すげえ楽しみにしてきました。

烏丸:僕もです(この人『威風堂々〜人間椅子ライブ!!』の宣伝するつもりないな)。

鈴木:中学の頃って金がないから、欲しいアルバムが2枚あると「俺こっち買うから、キミそっち買ってくれ」って、友だちと交換っこしていましたよね。あの頃、ナイト・レンジャーの1st『ドーン・パトロール』とトライアンフ『ネバー・サレンダー』が同時に出ていてね、俺がナイト・レンジャー、友達がトライアンフを買ったんだけど、交換したら友達が「失敗したぁ、ナイト・レンジャーのほうが良かった」って。俺は「トライアンフの方が良かったな」と思ったんですけどね(笑)。

烏丸:あるあるですね。今回はどんなものをお持ちいただいたんですか?

鈴木:いいライブ盤というよりも、凄く聴いたものを持ってきました。まずはこれ、高校生の時に出た『MONSTERS OF ROCK』のライブ盤。

烏丸:おー、きたー。


鈴木:このレインボーはコージー・パウエルとグラハム・ボネットがいた時代で、このライブを最後にコージーが脱退するんです。脱退が決まっている状態でライブをやっているんですよ。そう思って聴くと、この「スターゲイザー」なんて涙なくしては聴けない(笑)。

烏丸:A面1曲目から涙(笑)。

鈴木:コージー・パウエルもすげぇ一生懸命叩いているの。でね、このスコーピオンズもちょうどウルリッヒ・ロート(ウリ・ジョン・ロート)が辞めて、マティアス・ヤプスが入ってすぐの初々しいライブなんですよ。あとライオットとサクソンでしょ。メンツがすごい。そしてカナダのエイプリル・ワイン。

烏丸:エイプリル・ワイン、懐かしい。

鈴木:あの頃「オール・ナイト・ロング」(レインボー)がすごい好きでね、そのライブが入っているということで買ったんですけど、そしたら全部良かったってアルバムです。僕はこういうカードを切りましたけど、編集長はどんなカードを?

烏丸:んじゃ、やっぱスペードのエースですかね(とディープ・パープル『ライブ・イン・ジャパン』を出す)。

鈴木:おー、かぶりました(とディープ・パープル『ライブ・イン・ジャパン』を出す)(笑)


烏丸:ですよねー。これはもう大基本ですから。

鈴木:家に同じのが2枚あるくらい(笑)。あの頃みんな聴いていましたね。でもジャケットを見ると最前列の人って座ってて「こんな凄いいいライブで座っていられるのかよ」って思っていました。

◆対談(2)へ