【対談】人間椅子 鈴木研一×BARKS編集長、ライブ盤を語る

twitterツイート


烏丸:人間椅子もライブ盤『威風堂々〜人間椅子ライブ!!』をリリースするわけですが、人間椅子にとってライブ盤ってどうとらえていますか?スタジオ盤とは全く性格を異にする作品でしょう?

鈴木:ライブ盤は、演奏しているその時の記録なんですよね。同じ曲でも今と10年前は違うし、10年後も違うはずなんですよ。それを記録できるというのは凄くありがたいことで、ましてや人に聴いてもらうというのは凄く嬉しいんですよね。KISSを聴いてても、彼らはアルバムを3枚くらい出す毎にライブ盤を出してくるんだけど、その時の演奏が聴けるというのは、ライブに行けないだけに嬉しいですよね。特に初期なんて、やる気満々のメンバー仲も良かった頃のKISSを聴く唯一の手段じゃないですか。だから人間椅子も、このあと誰かが死んじゃったり怪我したりするかもしれないし、この音で演る機会というのは二度とないわけなんですよ。それを記録に残せるだけでまず嬉しい。

烏丸:なるほどね。

鈴木:しかも、前のライブアルバム(『疾風怒濤〜人間椅子ライブ!ライブ!!』)とは曲をダブらせないで作った…「針の山」以外全部新しいし、ライブに来れない人にもライブの気合/熱気というかエネルギーみたいなものを聴かせられるから、それもまた嬉しいし。

烏丸:でも、何をもってベスト・パフォーマンスとするか…どのテイクをライブ盤として世に出すか、その判断/決断は難しいでしょう?

鈴木:本当にいいものを出したいと思ったら、全ライブを録音しておかなくちゃいけないけど、それにはお金もかかるしね。だから、その時の断面…バッと切ったその切り口を観てもらうことになりますよね。残念なところもあるけど、その緊張感がいいのかもしれないし…それはわかんないな。とにかくそのままを聴いてもらうということなんですけどね。

烏丸:なるほど。全公演を録ったところで解決する問題でもないのかも。そもそも「何のためにライブ盤を出すんだ?」って話にもなるね。

鈴木。そうそう、バンド全員で演奏しているのがライブ盤とするのなら、リハーサルの時の演奏が一番いいんです。特に人間椅子は、俺は今でも鳥肌が立つんですよ。手前味噌だけどリハだとびっくりするくらいいい演奏ができる。ま、それを本番でも演れよって話ですけど(笑)。でもやっぱりお客さんがいないと出せないノリってあって、ライブじゃないと録音する意味はないと思います。お客さんのノリによって出てくるバンド側のスピードやノリの揺れがいい味を出すんですよね。

烏丸:ライブってオーディエンスと一緒に作るものだもんね。

鈴木:そうなんですよ。ノセてもらっていいノリを出しているというところだし、そのリズムがカッコいいんですよ。これがクリックのような正しいリズムで演っちゃったらなんにも面白くないですからね。

   ◆   ◆   ◆

こんな調子で話は延々と続いていった。「もうインタビューはいいから、音楽聴きましょうよ」という鈴木研一の暴言を機に、さらに無駄話に花が咲く。ホワイトスネイク『ライヴ…イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シティ』を肴に、「ニール・マーレイと同じモッキンバード使っていたんですけど、モッキンってすごい弾きにくいんですよ。そしたらニール・マーレイからアドバイスのメールが来てね…」という驚きの発言や、「このころの泥臭いノリが大好き」「何がいいって、ミッキー・ムーディとバーニー・マースデンが仲良くツインリードしている」「デヴィッド・カヴァーデイルってリフを作る才能がある」「よく見るとジャケはイラスト、人間椅子もイラストにすれば良かったかな…」と、とりとめもない会話が続くのであった。

ライブ盤『威風堂々〜人間椅子ライブ!!』は2月1日に発売となる。たかがライブ、されどライブ。ここに至るまでに積み重ねられた年輪の重みや人間模様も、ライブ盤から透けて見える魅力のひとつだ。どうやらライブ盤の面白さは、人生経験とともに変化も見せてくれるライブ=生き様の深さにあるようだ。

取材・文:BARKS編集長 烏丸哲也



『威風堂々〜人間椅子ライブ!!』のリリースを記念して、鈴木研一さんの直筆サイン色紙を抽選で1名様にプレゼントいたします。ご希望の方は◆プレゼントフォームよりご応募ください。なお当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます(応募締め切り:2017年2月28日(火)23:59)

New Album『威風堂々~人間椅子ライブ!!』

2017年2月1日(水)発売
■初回限定盤(2CD+DVD)
TKCA-74474/価格:¥4,500(税込)
■通常盤(2CD)
TKCA-74475/価格:¥2,800(税込)

収録曲(2016年度ワンマンツアーより厳選したライブ音源)
Disc1
1.阿呆陀羅経
2.ねぷたのもんどりこ
3.雪女
4.地獄の球宴
5.宇宙からの色
6.羅生門
7.時間からの影
8.芋虫
9.狂気山脈
10.人間失格
11.夜叉ヶ池

Disc2
1.恐怖の大王
2.芳一受難
3.今昔聖
4.見知らぬ世界
5.洗礼
6.黒猫
7.超能力があったなら
8.蜘蛛の糸
9.膿物語
10.迷信
11.針の山
12.新調きゅらきゅきゅ節
13.地獄への招待状
14.なまはげ

初回限定盤 DVD:2016.7.10 新宿ReNY ライブ模様を全曲収録
※ジャケットデザインは、初回・通常盤共通

<ライブ盤リリース記念ワンマンツアー「威風堂々」>

2017年
2月24日(金)栃木 HEAVEN’S ROCK Utsunomiya
2月26日(日)仙台 CLUB JUNK BOX
2月28日(火)高崎 club FLEEZ
3月3日(金)博多 DRUM Be-1
3月5日(日)高松 Olive Hall
3月6日(月)高知 X-pt.
3月8日(水)神戸 Chicken George
3月10日(金)大阪 梅田 AKASO
3月12日(日)名古屋 Electric Lady Land
3月14日(火)山梨 甲府 KAZOO HALL
3月17日(金)札幌 CUBE GARDEN
3月19日(日)青森 Quarter
3月22日(水)千葉 LOOK
3月25日(土)赤坂 BLITZ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon