1月21日、ガンズ・アンド・ローゼズのジャパン・ツアーが京セラドーム大阪にて開幕を迎えた。このバンドの来日公演は約4年ぶり、通算8回目。とはいえ2002年のサマーソニック出演時以降に行なわれてきた公演は、アクセル・ローズ(Vo)以外にオリジナル・メンバーのいないガンズ・アンド・ローゼズだ。が、ご存知の通り2016年4月からは、往年のメンバーであるスラッシュ(G)、ダフ・マッケイガン(B)との再合流によるリユニオン・ツアーが展開されており、バンドは全米各地のスタジアムやアリーナを巡演。この3人が揃って日本上陸を果たしたのは1993年1月に東京ドーム公演が行なわれた際以来ということになる。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像


今回の日本公演は<NOT IN THIS LIFETIME>と銘打たれたワールド・ツアーの一環としてのもの。これはかつて、スラッシュとふたたび活動を共にする可能性を問われたアクセルが吐いたとされる言葉だ。当事者の口から“生きているうちは起こり得ない”とまで言い切られていたリユニオンの実現は、まさに奇跡レベルの出来事といえる。この日、大阪に集結した3万人のなかには、この3人が同じステージに立つという図を初めて目にするという世代のファンも数多く含まれていたはずだ。


ガンズ・アンド・ローゼズがステージに登場したのは、オープニング・アクトを務めたBABYMETALの熱演終了から30分ほどを経た午後7時6分のこと。かつては開演の大幅な遅延が日常茶飯事だったこのバンドだが、今は彼らを取り巻く時間の概念すらも違っているのかもしれない。定刻通りに始まったライヴの幕開けを飾っていたのは、前述の『アペタイト~』に収録の「イッツ・ソー・イージー」。以降、彼らは「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」や「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」「ノーヴェンバー・レイン」といった往年の代表曲をはじめとする20曲超を2時間半にわたって演奏。スラッシュとダフが不在の時代に制作された『チャイニーズ・デモクラシー』(2008年)からも表題曲をはじめとする3曲が披露された。映像や照明効果がふんだんに盛り込まれた演出面の鮮やかさもさることながら、やはり楽曲自体の力とメンバーたちのカリスマ性の強さが圧倒的だった。


かつて“最も危険なロック・バンド”などとも形容されていたガンズ・アンド・ローゼズだが、場内を埋め尽くした観衆の熱狂ぶりに、ステージ上のアクセルも終始上機嫌な様子だった。実際、現在の彼らはスリリングな持ち味やロック・スター然とした空気感のみならず、時代を超越したクラシック・ロック・バンドとしての円熟味をも併せ持っている。1980年代、1990年代そのままの部分と、かつての彼らとは明らかに異なる部分。この夜のライヴはまさに、そうした双方を備えた現在のガンズ・アンド・ローゼズという存在の稀有さを印象付けるものとなった。

バンドはこの後、神戸(22日)、横浜(25日)での公演を経て、1月28、29日には、さいたまスーパーアリーナの二夜公演を実施する。しかもこのワールド・ツアーはこの先もまだまだ続いていく。過去のジャパン・ツアーを振り返ってみると、公演を重ねていくごとに演奏曲目が増えたり、滅多に演奏されていない曲が盛り込まれたりといった傾向もみられるだけに、今後の各公演の動向にも注目したい。是非この機会に、いかなる時代とも異なった〈2017年のガンズ・アンド・ローゼズ〉の目撃者になってほしいところである。

ライヴレポート:増田勇一
Photo クレジット:渡邉一生

1月21日(土)京セラドーム大阪

観客: 3万人
・IT'S SO EASY
・BROWNSTONE
・CHINESE DEMOCRACY
・WELCOME TO JUNGLE
・DOUBLE TALKIN JIVE
・BETTER
・ESTRANGED
・LIVE & LET DIE
・ROCKET QUEEN
・U COULD BE MINE
・MEMORY / ATTITUDE
・THIS I LOVE
・CIVIL WAR
・COMA
・GF / SWEET CHILD O'MINE
・WISH YOU WERE HERE / NOVEMBER RAIN
・HEAVEN'S DOOR
・NIGHTRAIN
Encole
・PATIENCE
・SEEKER
・PARADISE CITY


■来日公演

1月22日(日)神戸ワールド記念ホール(OPEN:16:00/START:17:00)
1月25日(水)横浜アリーナ(OPEN:17:30/START:18:30)
1月28日(土)さいたまスーパーアリーナ(OPEN:16:00/START:18:00)
1月29日(日)さいたまスーパーアリーナ(OPEN:15:00/START:17:00)
https://www.creativeman.co.jp/artist/2017/01guns/

■サブスクリプション型(定額制)音楽配信サービス「AWA」にて、来日公演を記念して、プレゼントキャンペーンがスタート。応募いただいた方の中から、抽選で10名様にツアーTシャツをプレゼント!奮ってご応募ください。
https://app-adforce.jp/ad/p/r?_site=42722&_article=264042&_link=6838980&_image=6084601

■iTunesにて、デジタルアルバムキャンペーンが1月21日(土)からスタート!
来日公演を記念して、ガンズ・アンド・ローゼズの、ベスト盤、オリジナルアルバムが期間限定スペシャルプライス1000円~購入できます。この機会に名盤をGET
https://itunes.apple.com/jp/artist/ganzu-ando-rozezu/id106621?app=itunes&at=10I3LI

『グレイテスト・ヒッツ』

UICY-76309 1,500円(税込)
派手でポップなHR/HM全盛の1980年代後半、他とは一線を画すオーセンティックで武骨なサウンドで世界に衝撃を与えたガンズ・アンド・ローゼズの、シングル曲を中心にセレクトされたグレイテスト・ヒッツ・アルバム。(2004年発表)
1.ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル
2.スウィート・チャイルド・オブ・マイン
3.ペイシェンス
4.パラダイス・シティ
5.ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア
6.シヴィル・ウォー
7.ユー・クッド・ビー・マイン
8.ドント・クライ(オリジナル・ヴァージョン)
9.ノーヴェンバー・レイン
10.リヴ・アンド・レット・ダイ
11.イエスタデイズ
12.エイント・イット・ファン
13.シンス・アイ・ドント・ハヴ・ユー
14.悪魔を憐れむ歌

◆ガンズ・アンド・ローゼズ・オフィシャルサイト