SWANKY DANK、サークルピットとモッシュが巻き起こる最強のテンションのライブを決行

ツイート

2016年8月にリリースしたミニアルバム『it is WHAT it is』を引っさげ9月から全国を廻るツアーを行なって来たSWANKY DANKが、初の47都道府県ツアーのファイナルシリーズとなるワンマンライブを大阪BIGCAT公演で行った。

◆SWANKY DANK~画像~

ライブでは、このツアーのOPを飾るアッパーなSEとともにメンバーが登場。自身の緊張感をほぐすようにフロント3人は会場を煽る。そしてライブはミニアルバムに収録の「WIMP」からスタート。彼らのヘヴィネスとメロディアスさが共存したこの1曲は、このツアーで確実に育ってきた重要な楽曲だ。





その後も「One Sided」「Monster」といった、鉄板のライブチューンが一気に続く。会場もサークルピットとモッシュが自ずとわき上がる最強のテンションでそれに応える。ワンマンライブならでは幅のある展開を見せ、普段は演奏することのないミディアムチューンも披露。彼らの定評ある歌唱力でKOJIとYUICHIのハーモニーをしっかりと聴かせた。彼らの持ち味ともいえる、ユルいやりとりなども交えながら、新旧の楽曲を織り交ぜたセットリストはあっという間に終演。

MCでは、KOJIが「10年前に兄のYUICHIと二人だけで始めたSWANKY DANKというバンド。誰も味方がいなくて毎日が闇の中だった。そんななかでSHUN(Dr)とKO-TA(Gt)が仲間になってくれた。俺らの音楽で人に影響を与える事ができると信じられた」と語った。

過酷な47都道府県ツアーを行なってきた今だからこそ言える、重みを伴った言葉だ。

大阪でのワンマンライブは始めてだった彼ら。アルバムタイトルの「it is WHAT it is」は、「それが現実さ」という意味のスラング。この現実を受け止めながら、自分たちの音楽で、理想の未来を実現していく。

「約束するよ、絶対戻ってくるからな」

自分自身にも誓うかのように言ったKOJIとYUICHIの言葉は、SWANKY DANKの本当の旅が始まった瞬間だったのかもしれない。

このツアーのファイナル公演は1月28日渋谷TSUTAYA O-EASTで行なわれる。とてつもないパワーとパッションを秘めたSWANKY DANKのライブをぜひとも体感してもらいたい。

Photo by Takashi "TAKA" Konuma


ライブ・イベント情報br>

SWANKY DANK “it is WHAT it is”TOUR FINAL SERIES ONE MAN SHOW
2017.1.28(土)渋谷TSUTAYA O-EAST
ローソンチケット Lコード:76454
チケットぴあ Pコード:306-928
INFO:Creativeman(03-3499-6669)

NEW MINI ALBUM『it is WHAT it is』

2016.8.3 Release
\1,728-(tax in) / GMRF-1008
1.MADE A MESS
※テレビ朝日系全国放送「Break Out」8月度 エンディング・トラック
2.BELIEVE IN MYSELF
3.TIME
4.WIMP
5.BAD GIRL
6.IN THE END


この記事をツイート

この記事の関連情報