エミュア、不穏な空気感と張り詰めた緊張感

ツイート

米国デスコア+ラップメタルバンドのエミュアが、最新作『ルック・アット・ユアセルフ』を3月10日に発売する。

◆エミュア画像

エミュアはニューヨーク市クイーンズ区を拠点に活動しているバンドだ。アメリカで成長を続けるメタルコア/デスコアとニューメタルをクロスオーバーしたシーンにおいて、先駆者であるアッティラと肩を並べる程の勢いを誇っている。現代のヘヴィネスを代表するメタルコア/デスコアをベースに、混沌・苦悩・怒りを想起させる世界観とヒップホップ・ビートがあいまって、様々な要素が混ざり合ったサウンドが特徴だ。

ファン・ベースを地道に着実に積み上げていった結果、前作のチャート記録は全米TOP50目前まで迫るなど、このジャンルでいま最も期待されているバンドのひとつだ。本作は、前作発表後のメンバーチェンジを経た新生エミュアの1作目であるが、サウンドの軸に全くブレはない。不穏な空気感と張り詰めた緊張感、さらにとてつもない熱量が作品全体に立ち込めている。

一方で、シンプルすぎるアートワーク、そしてグロテスクな写真と意味深なメッセージを表示したティーザー映像など、これまでのエミュアとは違う世界観にも注目だ。




エミュア『ルック・アット・ユアセルフ』


2017年3月10日 発売予定
【CD】¥2,500+税
※日本語解説書封入
1.ユー・アスクド・フォー・イット
2.シンジュク・マスターロード
3.スモーキー
4.ナチュラル・ボーン・キラー
5.フラッグ・オブ・ザ・ビースト
6.アイス・マン・コンフェッションズ
7.ロシアン・ホテル・アフターマス
8.コール・ミー・ニニブ
9.メジャー・キー・アラート
10.タートル・イン・ア・ヘア・マシーン
11.トーチ
12.デレリクト
13.グッチ・プリズン

【メンバー】
フランキー・パルメリ(ヴォーカル)
ジョシュア・トラヴィス(ギター)
フィル・ロケット(ベース)
ジョシュ・ミラー(ドラムス)

◆エミュア『ルック・アット・ユアセルフ』オフィシャルページ
この記事をツイート

この記事の関連情報