隊長はGACKT、映画『キングコング:髑髏島の巨神』吹替キャスト発表

twitterツイート

GACKTが、3月25日に日本公開される映画『キングコング:髑髏島の巨神』の日本語吹替版で主人公・コンラッド役を演じることが発表された。

◆『キングコング:髑髏島の巨神』画像

『キングコング:髑髏島の巨神』は、侵略地拡大のため謎の島“髑髏島”に潜入した調査遠征隊と島の守護神“コング”の攻防を描いたアドベンチャー映画だ。日本語吹替版では、トム・ヒドルストン扮する調査隊リーダー・コンラッド役をGACKTが、ブリー・ラーソン演じる写真家・ウィーバー役を佐々木希が、ソルジャー役を新日本プロレスの真壁刀義がそれぞれ担当する。

今回の発表に際して、GACKTは次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

■GACKT コメント
「先の読めない展開。全編、ビックリの連続!
「ジュラシック」シリーズの20倍面白い。
“キングコング”だけじゃない、巨大生物と人類との戦い。
自然と前のめりになるほどの映像美への感動。
ジブリアニメへのオマージュをいくつも感じさせるシーン。
まさに超一流のエンターテイメント。
映画ファンは勿論、「キングコング」を知らない若者達に、
このぶっ飛んだ凄さを体験してもらいたい。
主人公の声を通じ、作品に関われること、非常に楽しみにしてます。
吹替版も乞うご期待!」

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

『キングコング:髑髏島の巨神』

原題:『KONG:SKULL ISLAND』
3月25日(土) 丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他、全国ロードショー
出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ジョン・C・ライリー、他
監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス