【ライブレポート】ALHAMBRA「キミタチ、サイコダヨ!」

ツイート

GALNERYUSのYUHKI(Key)、LIGHT BRINGER、Mardelas、Silexなどのhibiki(B)、MAHATMAのHideki(Dr)など、各メンバーの多方面での活躍もあり、なかなかライブができないバンドのひとつであるが、それぞれのファンにとっても待ち望んでいたALHAMBRAでのツアー。

◆ALHAMBRA画像

東京は一昨年ぶりのライブになる「The Earnest Trilogy & Fadista」発売記念と銘打っているだけに、オープニングはもちろん「Appassionata」から。MVにもなっている「Earnest」、続く「OO(Double O)」とアルバムの流れのまま、演奏も歌も見事にCDのままに再現されている。

まずはJUNKO(Vo)が「ライブが凄くしたかった!いま楽しくて仕方がない」と口火を切ると観客も自然とそのテンションへ。会場の出音も良く、バンドの要であるキーボードが若干小さめにも感じたが、各パートとのバランスは非常に良く感じた。「Solitude」からピアノで続く「春雷~桜散る嵐の夜に~」や、「ha.ru.u.sa.gi」からベースソロへ繋げるなど、ライブならではの見所も満載、前回BARKSでのインタビューの通り人間技ではないものが次々と繰り出されていく。


ツーバスフルセットのHidekiの迫力と、ギターの音色も素晴らしく実に正確なプレイをするTOSHIHIRO(G)。ALHAMBRAがよくあるプログレメタルにならないのはギターの艶感と官能的な部分が大きい。そして歌と演奏力を更に活かす彼らの楽曲は、Aメロ、Bメロの次元ではないGメロくらいまであるのではないかというものばかりだが、難解ではなく美しいメロディと旋律に溢れたこのセンスは日本人離れしている。

ドラムソロ後、ステージにはゲストVoである佐々井康夫(GERARD)が登場すると拍手喝采の歓迎を受けてツインボーカルでの「Das Rheingold ~ラインの黄金~」「Warning you!」、そしてクライマックス「Die Walkure」へ。佐々井とJUNKOの畳み掛ける歌、バンドの演奏、観客の熱、全てのパワーがもの凄いアドレナリンを出していた。


ベースのhibikiは指弾きだけでなく今回はピック弾きも披露、ステージから客席フロア後方まで降りてのプレイ場面もあるほど、終始アグレッシブだ。とにかくALHAMBRAには一度のステージでは収まりきらない実力、魅力が溢れている。特にキーボードは音色もフレーズもYUHKI独特なものがあり、時に楽曲のソロ部分ではギターなのかキーボードなのかもわからなくなる部分、それがユニゾンする部分、ステージを観る側も実に忙しい(笑)。今どきギターソロさえやらないバンドが多い中で、全てのパートのソロコーナーができてしまう、全てのメンバーがMCを取れてしまう、完璧な歌と演奏も決して自己満足ではない観客とのコミュニケーションも常にある。

アンコールにはかつてYUHKIと佐々井が一緒に在籍していたArk Stormの曲を、そしてオーラスには先日他界したジョン・ウェットンに多大なる影響を受けたYUHKIから「この曲でジョン・ウェットンを追悼したい」と「Missing You」が披露された。会場には同じくウェットン氏に思い入れを持った者は多かったであろう、筆者もそのひとりだ。「キミタチ、サイコダヨ!」とYUHKIは観客へウェットン氏の名言も。







通常、プログレのコンサートは演奏技術に圧倒されるか陶酔してしまうものだが、ALHAMBRAはメタル感の強いキャッチーな楽曲たちに観客は拳をあげ、歌い、終始パワフルなあっという間の2時間半。「曲を忘れないうちにまたライブをやりたい」「新作が作りたくなった」とファンへ新たな楽しみも与えてくれ、ロックレジェンド、ジョン・ウェットンへのリスペクトも溢れるツアーファイナルとなった。


文: Sweeet Rock / Aki
写真: Emili Muraki

<ALHAMBRA The Earnest Trilogy & Fadista発売記念Tour>

2017年2月4日@
Ruido K4
1.Appassionata
2.Earnest
3.OO(Double O)
4.The Infinite Ocean
5.The Key to Wish
6.Solitude
7.春雷~桜散る嵐の夜に~
8.ha.ru.u.sa.gi
~Bass Solo
9.Fadista
~Drum Solo
10.Close Your Eyes
11.Das Rheingold ~ラインの黄金~
12.Warning You!
13.Die Walkure
~Encore~
14.Symphony on Wings
~Keyboard Solo
~Guitar Solo
15.The Earth(Die Erde)
~Encore2~
16.Missing You
この記事をツイート

この記事の関連情報