ピコ太郎、ジャスティン・ビーバーと対面

twitterツイート

ピコ太郎とジャスティン・ビーバーが“ソフトバンク”のテレビCMで共演することが決定し、撮影現場で2人の初対面が実現した。

◆ジャスティン・ビーバー×ピコ太郎 CMメイキング映像

ジャスティン・ビーバーは2017年から“ソフトバンク”の広告キャラクターに起用されており、出演するテレビCMのゲストにピコ太郎が起用されたことからこの共演が実現した。

2人は1月に国内某所にて行われたCM撮影現場で、高校生役のジャスティン・ビーバーが教室の扉を開けると、先生役のピコ太郎が待ち構えていた、というシチュエーションで初対面を果たす。

思わぬサプライズにジャスティン・ビーバーはピコ太郎とハグ&ハイタッチを交わし、即興で「PPAP」の振り付けを披露した。ピコ太郎は「世界中に知ってもらえたのはあなたのおかげです。本当にありがとう」と感謝の気持ちを伝え、ジャスティン・ビーバーも「共演できてうれしいよ」とコメント。


撮影現場ではあまりの緊張でピコ太郎がリンゴを床に落としてしまったのだが、ジャスティン・ビーバーはそれを拾い上げピコ太郎が持っていたパイナップルの方に「アーン!」という掛け声とともにドッキングするという場面も。

このCMに関するメイキング映像のダイジェスト版も現在公開中。テレビCMの公開はまもなくの予定だ。なお、このCMに関してピコ太郎は下記のように述べている。

◆ ◆ ◆

■出演することになった感想
光栄という言葉を100 回ぐらい言わないと足りないぐらい光栄に思います。
ずーっと会いたかったジャスティンとこういう形で対面できるとは思わなかったので、本当にうれしかったです。

■ジャスティン・ビーバーの印象
意外と人見知りで、途中から仲良くなっておしゃべりできたんですけど『PPAP』のポーズをするシーンでも、向こうから肩の高さを合わせてこんな感じでやろうぜって気さくに言ってきてくれて。
すごくノリがいい好青年で、ジャスティン・ピコ太郎に改名したいぐらい、とりこになっちゃいました。

■初のPPAP コラボについて
まさか一緒にやるとは思ってなかったので、まだ正直あのジャスティン・ビーバーは本物ですよね、っていう感覚でして(笑)。
私が今、温泉だったら湧き上がっていますよ。相当興奮しています。
コラボは心の通い合いというか、ジャスティンとピコ太郎のハートがすごく絡み合った感じがしました。

■再びジャスティン・ビーバーさんにコメントしてもらえるような策について
あれも策があってコメントをいただいたわけじゃなく、相当な偶然でして。
とにかく私にできることは、今いるところをきちんと見ながらどんどんどんどん世界に向けて、みんなが笑顔になるような曲を作ること。
それでまたジャスティンを含めた、世界中の人にいいなーと思ってくれる曲が届けられたら最高ですね。

■メッセージ
SNS やテレビで「ジャスティンには会えたの?」って、いろんな人に聞かれましたが、今回ようやく会うことができました。
これをきっかけに、もっともっと歌と踊り、そして笑顔をたくさんの人にお届けしたいと思います。
これからも私についてきてください!

◆ ◆ ◆


◆ピコ太郎 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報