「ビルボード楽しすぎる!」花澤香菜、一夜限りのSPライブで新曲初披露

twitterツイート

花澤香菜が、2月5日(日)、東京・ビルボードライブ東京での初公演<isai Beat presents 花澤香菜 スペシャルライヴ>を開催した。

◆花澤香菜 画像

ジャズクラブの風格漂う会場で、客席にもいささかの緊張感が漂う中、淡いピンクのワンピースに身を包んでステージに登場した花澤香菜。会場を見回し手を振りながら「皆さん、ようこそ! 一夜限りのビルボードでのライブ、楽しんでいきましょう!」と挨拶すると、ブルーの照明が白を中心にしたライトに切り替わり、場内が一気に華やかな雰囲気に転じる。

ライブはニューヨークをコンセプトにした3rdアルバム『Blue Avenue』のオープニングトラックでもあるジャジーな「I ♥ NEW DAY」で幕を開け、カラフルな照明に彩られた「シグナルは恋ゴコロ」へ続く。この日最初のMCでは「ビルボード、素敵すぎるやろ!」「オシャレやん!って思ってる間にあっという間に過ぎていっちゃうからね」と観客を和ませ、バンマスの北川勝利(ROUND TABLE)とのトークでは「北川さん! とうとうやってきましたよビルボード! ファンの皆さんのおかげでやっと立てましたね!」と感慨深げに語り合った。



ジャズファンクアレンジが施された「melody」やピアノとベースをバックにしっとりと歌い上げた「ざらざら」、ジャズアレンジの「あたらしいうた」など、この日ならではのスペシャルバージョンの披露に加え、ニューアルバム『Opportunity』からは「FRIENDS FOREVER」「brilliant」の2曲を初披露。さらに「ここからは盛り上がりパートですよ!」の言葉に続いて「ブルーベリーナイト(Samba Ver.)」、ハードバップ・ジャズナンバー「Night And Day」と畳み掛け、「ふーっ……ビルボード楽しすぎるよーー!」「でも、もう最後の2曲です……あー終わりたくないよ~」と名残りを惜しみつつ地団駄を踏む花澤。

全国ツアーでの再会を約束しながら、「前回ツアーで初披露し好評だった「恋愛サーキュレーション」を歌います」と、まさかの曲名が告げられると会場からは大歓声が。曲頭の「せーの」からすでに盛り上がりは最高潮となり、観客の興奮も冷めやらぬ中、ラストはライブ定番曲「恋する惑星」を会場をしっかりと見回しながら歌い上げる。最後は観客の一人一人を見つめるかのように手を振り別れを告げて、初のビルボードライブ東京公演は終了した。

花澤香菜はこの後2月22日(水)に4thアルバム『Opportunity』をリリースし、4月15日(土)からは5都市を回る全国ツアー<花澤香菜 live 2017 “Opportunity”>をスタートさせる。


■<isai Beat presents 花澤香菜 スペシャルライヴ@billboard Live TOKYO>セットリスト

[昼の部]
M01. I ♥ NEW DAY
M02. シグナルは恋ゴコロ
M03. 同心円上のディスタンス
M04. melody(Jazz Funk Ver.)
M05. FRIENDS FOREVER
M06. brilliant
M07. ざらざら(ピアノ弾き語りVer.)
M08. あたらしいうた(Jazz Ver.)
M09. ブルーベリーナイト(Samba Ver.)
M10. Night And Day
M11. 恋愛サーキュレーション
M12. 恋する惑星

[夜の部]
M01. I ♥ NEW DAY
M02. シグナルは恋ゴコロ
M03. 同心円上のディスタンス
M04. melody(Jazz Funk Ver.)
M06. FRIENDS FOREVER
M05. brilliant
M07. ざらざら(ピアノ弾き語りVer.)
M08. あたらしいうた(Jazz Ver.)
M09. Nobody Knows
M10. マジカル・ファンタジー・ツアー(甘口)
M11. 恋愛サーキュレーション
M12. 星空☆ディスティネーション(Bossa Ver.)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報