マドンナ、マラウイから双子の女の子を養子に

twitterツイート

マドンナが、マラウイからまた養子を迎えるそうだ。彼女はすでに同国で誕生した2人の子供たち――2006年にデイヴィッド君(現在11歳)、2009年にマーシーちゃん(10歳)と養子縁組している。

◆マドンナ画像

先月、新たに養子を迎えるとの噂を否定していたマドンナだが、マラウイの高等裁判所は火曜日(2月7日)、彼女と4歳の女の子の双子の養子縁組を許可したと公表した。

この2人の女の子は、デイヴィッド君がいたこともある同国の孤児院で育てられているという。判事は、マドンナと双子の父親の前で養子縁組の許可を言い渡した。

前回同様、裁判所の決定には、同国に住んでいるわけではないのに、有名人だから優遇されたとの批判の声が上がっている。大統領府もマドンナの行ないを傲慢だと非難する声明を出したという(ジョイス・バンダ大統領はその後、承諾なしに発表されたと声明を取り下げたが、マドンナを批判したことに関しては謝罪していない)。

マドンナは双子をアメリカで育てる。これでマドンナの子供たちは、実子2人(長女20歳、長男16歳)、養子4人となった。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報