グラミー賞、受賞アーティスト一覧

ツイート

日曜日(2月12日)、米LAで第59回グラミー賞が開かれ、アデルがアルバム・オブ・ザ・イヤー、レコード・オブ・ザ・イヤー、シングル・オブ・ザ・イヤーの主要3部門を受賞した。

彼女は、全部で今年最多となる5部門を獲得。デヴィッド・ボウイの遺作『Blackstar』も最優秀レコーディング・パッケージと最優秀エンジニアド・アルバムを含むと5部門を受賞した。


<第59回グラミー賞>ロック/ポップ関連部門の受賞アーティスト/作品は以下のとおり。

●レコード・オブ・ザ・イヤー
アデル「Hello」

●アルバム・オブ・ザ・イヤー
アデル『25』

●ソング・オブ・ザ・イヤー
アデル「Hello」

●最優秀ニュー・アーティスト
チャンス・ザ・ラッパー

●最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス
アデル「Hello」

●最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス
トゥエティ・ワン・パイロッツ「Stressed Out」

●最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム
ウィリー・ネルソン『Summertime: Willie Nelson Sings Gershwin』

●最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム
アデル『25』

●最優秀ダンス・レコーディング
ザ・チェインスモーカーズ ft. Daya「Don’t Let Me Down」

●最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム
Flume『Skin』

●最優秀ロック・パフォーマンス
デヴィッド・ボウイ「Blackstar」

●最優秀メタル・パフォーマンス
メガデス「Dystopia」

●最優秀ロック・ソング
デヴィッド・ボウイ「Blackstar」

●最優秀ロック・アルバム
ケイジ・ジ・エレファント『Tell Me I’m Pretty』

●最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム
デヴィッド・ボウイ『Blackstar』

●最優秀R&Bパフォーマンス
ソランジュ「Cranes In The Sky」

●最優秀R&Bソング
マクスウェル「Lake By The Ocean」

●最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム
ビヨンセ『Lemonade』

●最優秀R&Bアルバム
Lalah Hathaway『Lalah Hathaway Live』

●最優秀ラップ・パフォーマンス
チャンス・ザ・ラッパー ft. リル・ウェイン & 2チェインズ「No Problem」

●最優秀ラップ/サング・パフォーマンス
ドレイク「Hotline Bling」

●最優秀ラップ・ソング
ドレイク「Hotline Bling」

●最優秀ラップ・アルバム
チャンス・ザ・ラッパー『Coloring Book』

●最優秀サウンドトラック・アルバム賞-映画・テレビ・その他映像部門
『Miles Ahead』

●最優秀サウンドトラック・アルバム作曲賞-映画・テレビ・その他映像部門
『Star Wars: The Force Awakens』

●最優秀楽曲賞-映画・テレビ・その他映像部門
ジャスティン・ティンバーレイク「Can’t Stop The Feeling」-映画『Trolls』

●プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノン・クラシック)
Greg Kurstin

●最優秀ミュージック・ビデオ
ビヨンセ「Formation」

●最優秀ミュージック映画
ザ・ビートルズ『The Beatles: Eight Days A Week The Touring Years』

授賞式は、アデルの「Hello」で始まり、ザ・ウィークエンド&ダフト・パンク「Starboy」「I Feel It Coming」、キース・アーバン&キャリー・アンダーウッド「The Fighter」、エド・シーラン「Shape Of You」、ルーカス・グラハム&Kelsea Ballerini「7 Years」「Peter Pan」、ビヨンセ「Love Drought」「Sandcastles」、ブルーノ・マーズ「That’s What I Like」、ケイティ・ペリー&スキップ・マーリー「Chained To The Rhythm」、ウィリアム・ベル&ゲイリー・クラーク・ジュニア「Born Under A Bad Sign」、Maren Morris&アリシア・キーズ「Once」、メタリカ&レディー・ガガ「Moth Into Flame」、Sturgill Simpson & The Dap-Kings「All Around You」、ア・トライブ・コールド・クエスト&Anderson .Paak、バスタ・ライムス、Consequence「Award Tour」「Movin Backwards」「We The People…」、ペンタトニックス「ABC」、チャンス・ザ・ラッパー&Kirk Franklin「How Great」「All We Got」がパフォーマンスしたほか、アデルがジョージ・マイケルを追悼し「Fastlove」を、ブルーノ・マーズがザ・タイムと共にプリンスを追悼し「Jungle Love」「The Bird」「Let’s Go Crazy」を、昨年亡くなったアーティストの追悼コーナーではジョン・レジェンドとCynthia Erivoが「God Only Knows」をプレイした。

また、デミ・ロヴァート、アンドラ・デイ、トリー・ケリー、リトル・ビッグ・タウンがビー・ジーズとトリビュートし「Stayin’ Alive」「Tragedy」「How Deep Is Your Love」「Night Fever」をパフォーマンスした。

プレゼンターとして、ジェニファー・ロペス、パリス・ジャクソン、ジョン・トラヴォルタ、ニック・ジョナス、ビヨンセの母、カミラ・カベロ、DNCE、セリーヌ・ディオン、ティム・マグロウ&フェイス・ヒル夫妻、スヌープ・ドッグらが出演した。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス