日曜日(2月12日)LAで開かれたグラミー賞で今年最多の5部門を受賞したアデルが、レコード・オブ・ザ・イヤーとアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞した際のスピーチで、同じくノミネートされていたビヨンセに敬意を払い、彼女を涙ぐませた。

◆アデル画像

アデルはレコード・オブ・ザ・イヤーを受賞したときには、「もちろん、私の夢、そしてアイドルはQueen Bayよ。あなたを崇拝しています。あなたは毎日、私の魂を揺さぶる。あなたは17年間近くそうしてきた。あなたを愛しています。私のママになって欲しいくらい(笑)」と称賛。

アルバム・オブ・ザ・イヤーでは、それがさらにエスカレートし、こう敬意を表した。「この賞は多分、受け取れない。とても畏れ多くて、すごく感謝していて嬉しく思っているけど、私の人生で最愛のアーティストはビヨンセなの。私にとってあのアルバム、『Lemonade』は、とてつもなく偉大で、思慮深く、すごく美しくて、ソウルに満ち、あなたのいつもとは違う面を私たちに見せてくれた。私たちはそのことを感謝している。私たちアーティストはみな、あなたを崇拝しています。あなたは私たちの光です。そしてあなたは、私や私の友人たち、私の黒人の友人達を力づけた。自分たちのために立ち上がろうという気にさせる。愛してます。ずっとそうだったし、これからもずっと」

アデルも涙ぐんでいたが、それを聞いていたビヨンセも涙を流し、受け止めていた。

ビヨンセは今年、最多の9部門でノミネートされ、『Lemonade』で最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム、「Formation」で最優秀ミュージック・ビデオの2部門を受賞した。

Ako Suzuki

WOWOW番組

●「生中継!第59回グラミー賞授賞式」
放送日:2017年2月13日(月)午前9:45[WOWOWプライム]※二カ国語版(同時通訳)
●「第59回グラミー賞授賞式」
放送日:2017年2月13日(月)夜10:00 [WOWOWライブ]※字幕版

◆グラミー賞授賞式特設サイト