Versailles、日本武道館公演が大成功&10周年イヤー怒涛の展開も発表

ツイート

ヨーロッパツアーを無事成功させたVersaillesの初めての日本武道館公演「Chateau de Versailles」が2/14に行われた。

◆Versailles~画像~

ツアー後半、リーダーのKAMIJOがステージから転落するというアクシデントがありながらも全日程を全身全霊で完遂。世界中の末裔達が、彼の回復と、この公演の大成功を願っていたに違いない。

日本武道館に詰めかけたファンがステージを囲み、メンバーを今か今かと待つ中、SEが鳴り響く。天井まで届きそうな程にそびえ立つステンドグラス、そして姿を現す70名にもなる大迫力のクワイア。いつも以上に重厚感のある雰囲気に包まれながらメンバーが登場した。

1曲目に演奏された「Aristocrat’s Symphony」では序盤からクワイアの歌唱が加わり、一気にオーディエンスを別世界へと誘う。10年の間で育てられた「Shout & Bites」「DESTINY -The Lovers-」などの珠玉のナンバー達を畳み掛け、彼らは武道館を我が城と変えていった。

日本での初披露となった「Inheritance」も既に馴染みのある曲かの如く、見る者の奥深く突き刺さるような迫力があり中盤も手加減を知らない。本編ラスト2曲の「Faith & Dicision」「MASQUERADE」は息をのむ事も忘れてしまうような、鬼気迫る演奏に涙を流すファンの姿も。

アンコールでは、10周年イヤーの彼らから、次なる展開のお知らせがあった。10th Anniversaryの名の元に、メモリアルなワンマンや待望のJapan Tourまでを発表。復活後、日本でのツアーが待ち遠しかった末裔にとっては、堪らない発表であっただろう。

そんな喜びの声が溢れてくるような「Lineage」「The Red Carpet Day」でのレスポンスがとても心地よく、ラストの「The Revenant Choir」までメンバーとオーディエンスが一つになったパワーは武道館さえも揺らすよう。

今回は彼らの念願でもあった武道館、そして大クワイアとの共演。Eternal Memberと夢見た場所で、いくつもの感動を生んでいた。メモリアルライヴという言葉では締めくくる事は出来ない、もっと夢の続きを共に見たくなるような一夜であった。

10th Anniversary Liveとして発表されたスケジュールのうち、6月23日豊洲PIT & 24日 目黒鹿鳴館のライブの各メンバーFCチケット最速先行受付がスタートしている。

ライブ・イベント情報

「Versailles 10th Anniversary Memorial Ceremony」
2017年6月23日(金)豊洲PIT
2017年6月24日(土)目黒鹿鳴館
各メンバーFCチケット最速先行受付開始
【受付期間2月14日(火)22:00 ~ 2月27日(月)23:59】
※チケットのお申し込みにつきましては、各メンバーFCサイトをご覧ください。

「Versailles 10th Anniversary Tour -Japan-」
2017年11月11日(土)
柏PALOOZA
2017年11月17日(金)
新横浜NEW SIDE BEACH!!
2017年11月25日(土)
名古屋Electric Lady Land
2017年11月26日(日)
ESAKA MUSE
2017年11月28日(火)
福岡 DRUM Be-1
2017年12月3日(日)
札幌cube garden

Versailles 10th Anniversary Tour -Grand Finale-
「CHATEAU DE VERSAILLES」
2017年12月17日(日)
Zepp Tokyo

チケット等の詳細は、後日発表。


この記事をツイート

この記事の関連情報