乃木坂46による3Daysバースデーライブの初日公演<5th YEAR BIRTHDAY LIVE~橋本奈々未の卒業コンサート~>が2月20日にさいたまスーパーアリーナにて開催された。

◆乃木坂46 <5th YEAR BIRTHDAY LIVE~橋本奈々未の卒業コンサート~>写真

恒例となった乃木坂46のバースデーライブだが、今年はさらに規模を拡大。乃木坂46にとって初となるさいたまスーパーアリーナでの公演となった。当日はフルキャパシティのスタジアムモードに35000人が来場。当初の予定だった30000枚のチケットが即完売し、追加で販売された見切れ席やステージ裏(バックステージ)席も5000枚が完売している。


初日公演をもって乃木坂46を卒業する橋本奈々未は、この2月20日に24歳の誕生日を迎えた。満員となった会場が橋本奈々未のカラーである緑のペンライトで染め上げられ、ライブは彼女がセンターを務める「サヨナラの意味」からスタート。最初のMCで「まさか最初から緑になるとは思いませんでした」と会場を見渡す橋本に会場からは大歓声が応えた。

「私自身もこういうステージに立つのは最後ですから、この景色を目に焼き付けつつ、皆さんにも帰った後に心にこびりついて離れないライブにしたいんです。網膜にこびりついてやるって気持ちです」──橋本奈々未

ライブのセットリストもこれまでの1stシングルから順番に披露するものとは違い、橋本自身が選曲を担当。「Tender days」「孤独兄弟」など橋本奈々未を含む少数メンバーでのユニット曲や「ガールズルール」など橋本がフロントを務めた楽曲などが次々に登場した。「偶然を言い訳にして」では白石麻衣が先に涙を見せてしまい、のちのMCで橋本から「私は今日泣かないと思ってたんですけど、まいやん(白石麻衣)が…」と振り返りつつびっくりした様子を見せていた。

また、ライブ中にトロッコやリフターを駆使してメンバーがステージをくまなく廻る中、「ハウス!」では橋本を含む何人かがバックステージ席へとサプライズ登場する場面も。さらに橋本が乃木坂46曲の中で楽曲初出時から一番好きだと語っていた曲「生まれたままで」には自身も振り付きでパフォーマンス参加し、直後には自身と同じ誕生日である伊藤万理華へのサプライズとして、花道中央で2人一緒に会場からバースデーソングを歌ってもらう一幕も。21歳になった伊藤が遠慮しているところへ橋本は「一緒に過ごせる誕生日も最後だから」と声をかける。6年目の2人での誕生日祝いよいうことで、伊藤は“あーん”とケーキの苺を食べさせてもらい、会場に向けて「いいでしょ~!」と声をあげていた。

本編全37曲をパフォーマンスしきったあと、アンコールでは橋本奈々未が初にして最後のソロ曲「ないものねだり」を披露。「私は「ないものねだり」って曲を歌っているけど、ないものねだりしたくないって思っているけど、こんなに素敵な景色を何度も目の前にしてるけど、別の道を進みたいと思うのが、一番のないものねだりだなと感じています。」と曲紹介にからめて思いを語った。「私が選んだ道の先に正解があると信じてます。私が選んだ道が正解であることを願うように、その先の皆さんの道に、これでよかったと思えることがたくさんあることを願っています。今までたくさん応援していただいてありがとうございました。」

ソロ曲を終えて、ステージに出てきたメンバーの顔を見るなり「みんなの顔見ると泣いちゃう」と目を潤ませる橋本。メンバーからは代表として白石麻衣が彼女への手紙を読み上げ、泣きながら橋本とハグを交わした。ラストには「サヨナラの意味」をもう一度披露し、橋本は最後に一人ゴンドラにのって会場から去っていく形で5年半にわたる乃木坂46での活動を締めくくった。






<5th YEAR BIRTHDAY LIVE>は2月22日までの3日間で乃木坂46の持ち曲全曲を披露していく。動員は3日間合計でのべ10万5千人が予定されている。

(2017/2/20 23:23 追記:本文中の誤字を訂正いたしました)

◆乃木坂46オフィシャルサイト