“フュージョンのゴッドファーザー”ラリー・コリエルが死去

twitterツイート

“フュージョンのゴッドファーザー”と呼ばれたギタリスト、ラリー・コリエルが日曜日(2月19日)、滞在先のNYのホテルで亡くなった。代理人によると、彼は睡眠中に息を引き取ったという。自然死だったと伝えられている。73歳だった。

◆ラリー・コリエル画像

テキサス州出身のコリエルは、70年代初めにランディ・ブレッカーらとフュージョン・バンド、イレヴンス・ハウスを結成し、マイルス・デイヴィス、チェット・ベーカー、ロン・カーターらジャズ界の巨匠たちと共演。早くからジャズとロックの融合に取り組み、ジャズ・ロックのパイオニアと評された。日本との縁も深く、日野皓正、山下和仁、渡辺香津美、井上陽水らと共演してきた。

その死は突然に訪れ、前日、NYのジャズ・クラブでプレイしたばかりだったという。夏にはイレヴンス・ハウスのツアーも予定していた。

金曜日(24日)、NY市内の寺院で葬儀が執り行われる。

合掌。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報