エドワード・ヴァン・ヘイレン、ギター75本を寄付した想いを語る

twitterツイート

エドワード・ヴァン・ヘイレンは、アメリカの教育課程で音楽の授業が減らされていることに危機感を抱き、数年前、学校での音楽活動を支援する団体Mr. Holland’s Opus Foundationへ自身のコレクションの中からギター75本を寄付した。

◆エドワード・ヴァン・ヘイレン画像

エドワードは、その理由をCNNにこう話した。「音楽は僕にとってユニバーサルな言語だ。全てを超越する。僕の人生全てが音楽だった。ほかのことは想像できなかった。高校を卒業するとき、実感したよ。卒業アルバムにメッセージ書き込んでいると、みんなが、“で、どこのカレッジに行くの?”って訊いてくるんだ。“えーっと…”だよ。(そのとき)“アル(兄)、僕ら、自分らの知っていること(バンド)に固執したほうがいい”って言ったんだ」

音楽の授業が減少していることに関して、「あれはマストだ。教えられなくてはならない」「音楽は必要だ。人々の魂に触れる」と強調した。

Mr. Holland’s Opus Foundationは、エドワードが寄付したギターを予算上、楽器が購入できない公立の小学校へ提供。「あれは与え続けることができる贈り物だ。子供たちはギターを共有し、学び、卒業してもそれは学校に残る」と、彼の支援に感謝している。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報