全米アルバム・チャート、フューチャーが初登場1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ラッパー、フューチャーの5枚目のスタジオ・アルバムにてセルフタイトルが付けられた『Future』が初登場で1位に輝いた。サード『DS2』(2015年)、ドレイクとのミックステープ『What A Time To Be Alive』(2015年)、4th『EVOL』(2016年)に続く4枚目の全米1位となった。

◆フューチャー画像

フューチャーは『Future』(2月17日)をリリースした一週間後(24日)、さらなる新作『HNDRXX』を発表しており、来週のチャートも注目される。現時点のセールスでは、フューチャーが1~2位を独占する可能性が高いそうだ。

先週トップだった映画『Fifty Shades Darker』のサウンドトラックは3位に後退。ブルーノ・マーズの『24K Magic』が先週と変わらず2位をキープした。

今週はフューチャーのほか、R&Bシンガー、チャーリー・ウィルソンの『In It To Win It』が7位、ライアン・アダムスの『Prisoner』が8位、アリソン・クラウスの『Windy City』が9位にチャート・インしている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報