【ライブレポート】ASH DA HERO、主催ライブで新作発売&O-EASTワンマン開催を発表

ツイート

ASH DA HEROが2月27日東京・TSUTAYA O-WESTにて、3ヶ月連続主催2マンイベント<ASH DA HERO 2MAN SHOW SERIES 2017「CONNECT X」>の初日公演【ACT.1】を開催した。オフィシャルから届いたレポートを掲載する。

◆ASH DA HERO ライブ画像

  ◆  ◆  ◆

2月27日、TSUTAYA O-WESTにて開催された、<ASH DA HERO 2MAN SHOW SERIES 2017「CONNECT X」>初日。3か月連続で開催されるASH DA HERO主宰の2マン・シリーズの火蓋を華々しく切るべく、【ACT.1】と題されたこの日の対バン相手は、エレクトロ×ラウドメタルなサウンドで人気の、栄二郎、SEBASTIAN、IKUO、淳士からなる4人組、BULL ZEICHEN 88。先攻をつとめた先輩バンドのド迫力の演奏とアジテイションに触発され、ステージに登場した瞬間から、今日のASH DA HEROは“戦闘モード”だ。

スタンドマイクを高く掲げ、観客一人一人の顔を確かめるように、ASH DA HEROことASHが圧倒的な歌声を響かせる。目を覚ませ、立ちあがれ、恐れるな。強靭なバンドサウンドをバックにそう歌う、ASH DA HEROの代名詞とも言えるナンバー「You Gotta Power」の力強いメッセージがフロアに轟く。1曲目にして早くもクライマックス級の気迫を放つステージを前に、オーディエンスも腕と声を上げ、全身で応える。

ところが、HEROという名に込めた思いが詰まったナンバー「HERO IS BACK 2」を勢いよく歌い出した途端、ASHの持つボーカルマイクから音が出ないというトラブルが発生した。すると、素早く下手側のギタリスト、鳴風のマイクスタンドをつかみ、歌い続けるASH。さらに上手側のギター、香取のマイクも奪って熱唱すると、今度はマイクを放り投げ、フロアへダイブ!

「トラブルはミラクルに変えていくぜ!」

そう言い放つと、バンドメンバー5人と共に息のあったアクションを披露。<ロックンロールに夢と希望を/ロックンロールに栄光の光を>と高らかに歌う。まさに今目の前で起きたのは、トラブルをミラクルに変えるロックンロールの希望、だったのか!?


そもそもASH DA HEROの音楽には、希望と毒が極端な形で存在している。この日も、<言い訳ばかりで/何もやれてない>とラップ調で語りかけるように歌った「結局なんにもやれてない」では、果たして自分は何かを成し遂げられているのかと、誰もが自問自答したはずだ。ピアノの音だけで歌い始めた「反抗声明」では、自らに言い聞かせるように中指を立てるASHの姿に、今まで何もせずにいた自分にハッとさせられる。

だが、ただ罵詈雑言を吐くのではなく、だったら今から死ぬ気でやろうぜとASHは歌う。「結局なんにもやれてない」の<甘ったれんじゃねぇ>にも、「反抗声明」の<くそっくらえ>にも、そこにはいつもちゃんと希望があるのだ。

そして、彼が歌うラウドなロックサウンドは、実にバラエティ豊かでもある。アイリッシュトラッドなサウンドが響く「WAKE UP ROCK AND ROLL BAND」では、オーディエンスがフロアに大きなサークルを描きながら楽しそうにダンス。即興でエアロ・スミスの「I Don't Want To Miss A Thing」をさらりと聞かせり、曲間に繰り広げられるバンドセッションでは、<CONNECT X>に向けた思いをフリースタイル・ラップで歌う。

「昨夜の3時に、5月24日発売のニューアルバム『A』が完成しました! 最高にかっこいいロックンロール作品で、ASH DA HERO史上最もポップで日本人らしいアルバムになったんじゃないかと思ってます。7月28日にはO-EASTでのワンマンライブも決まりました!」

ASHがそう嬉しそうにオーディエンスに告げると、フロアから大きな歓声と拍手が沸き起こる。もっと多くの人に伝えたいという焦りや葛藤。メジャーデビュー2年目に突入し、どんどん変わりゆく自分自身への戸惑い。5月24日に発売されるアルバム『A』には、今に至る彼のさまざまな思いが込められているという。

「アルバム『A』のAはASH DA HEROのAでもあり、ありがとうのAでもあります。過去の人間関係、今までの恋、すべてを込めて作りました。すべての人にとってのマスターピースになるアルバムが作れたと思ってます」

そう言って「Everything」のピアノの調べと共に、人生は取り返すことは出来ない、と天を仰ぐように歌うASH。フロアでは、誰もが両手を胸の前で組み、食い入るように見つめている。激しさや辛辣さの傍らにあるこの寄り添うような温かさもまた、ASH DA HEROの大きな魅力なのだ。


アンコールではBULL ZEICHEN 88のメンバーも登場してのセッションがスタート。演奏前、BULL ZEICHEN 88の栄二郎に<CONNECT X>の意味を聞かれたASHは、「アーティスト/ファンをつないで日本の音楽シーンがもっと楽しくなれば」という思いで企画したと説明する。

その言葉通り、BULL ZEICHEN 88の「No.1」、そしてASH DA HEROの「WAKE UP ROCK AND ROLL BAND」をASHと栄二郎のツインボーカルで披露。途中、サビを歌うASHを栄二郎がフロアへ突き落としてダイブさせたりと、客席もステージも終始大盛り上がりだ。

「ありがとう。thank you! ごめんなー。しっかり楽しめたかなー?  I LOVE YOU!」

ダイブしたASHを受け止めた観客を気遣いつつ、感謝の言葉を告げるASH。前列の観客とタッチし、名残りを惜しみながらステージを去る。

「美しさと、それに相反するものの両方を兼ね備えた戦士。2017年は音楽もアートワークも、そういうイメージでやっていきたいと思っているんです」

終演後、そう語っていたASH。3月15日に開催される【ACT.2】では、早くもニューアルバム『A』からの新曲も披露されるという。5月24日発売のニューアルバム『A』、そして7月28日開催のワンマンライブ<ASH DA HERO ONE MAN SHOW 2017 『BRAND NEW WORLD』>まで、突っ走り続けるASH DA HEROから一瞬たりとも目が離せない!


取材・文◎早川加奈子
撮影◎木場ヨシヒト(1枚目)進藤景太(2枚目)前田俊太郎(3枚目)

■ライブ情報

<ASH DA HERO ONE MAN SHOW 2017 「BRAND NEW WORLD」>
7月28日(金)東京・TSUTAYA O-EAST
開場/開演 18:00/19:00

<ASH DA HERO 2MAN SHOW SERIES 2017「CONNECT X」【ACT.2】>
3月15日(水)東京・TSUTAYA O-WEST
ASH DA HERO × BAROQUE (Support Member: Bass 明希(シド) Drums KENZO)

<ASH DA HERO 2MAN SHOW SERIES 2017「CONNECT X」【ACT.3】>
4月5日(水)東京・下北沢 GARDEN
ASH DA HERO ×中島卓偉

■イベント情報

3月8日(水)愛知・Electric Lady Land
<Rayflower presents『Night which GLORIOUS』>

4月15日(土)千葉・幕張メッセ 国際展示場 9~11番ホール
<THE GREAT ROCK'N'ROLL SEKIGAHARA 2017>

4月21日(金)東京・赤坂BLITZ
<MICHAEL SPRING JUMPING CIRCUS 2017>

この記事をツイート

この記事の関連情報