ALI PROJECT、25周年記念作のヴィジュアル完成。コーラスはJAM Project

twitterツイート

ALI PROJECTがデビュー25周年を記念して放つシングル「卑弥呼外伝」が、3月29日に発売される。本日そのジャケット写真とアーティスト写真、そしてミュージッククリップ(short.ver)が一挙公開となった。

◆「卑弥呼外伝」ミュージッククリップ(short.ver)

本作はALI PROJECTのアニバーサリー作品にふさわしい、小オペラのような壮大かつ華麗な楽曲。また、作編曲・演奏を担う片倉三起也のリクエストでコーラスには JAM Projectが参加するという夢の〝PROJECT“コラボが実現した。

25周年を迎え、宝野アリカと片倉三起也からのコメントも以下に到着している。

■宝野アリカ コメント
1992年の七夕の日にデビューしたときから25年。矢のように過ぎた気もするし、長い長い螺旋階段を一段一段昇ってきたような気もします。これまで実にたくさんの楽曲を作りだし歌ってきたので、もうずっと様々な物語の中を行き過ぎてきたような感覚もあります。歌の中の自分と現実の己と、いったいどちらが本物の私なのかしらと思うことも。昔は周年記念なんておこがましいなんて言っていたのに、20年目でシングルを集めた「快恠奇奇」をリリースし、そして25年目には、特別記念シングルリリースの機会に恵まれ、こうして「卑弥呼外伝」を作り、今はただただ音楽を続けていられる幸せを甘受しています。冷ややかで硬質で、でも美しい艶めきを持つ大理石の踊り場で、少し立ち止まって、まだ高く聳えている階段を見上げながら。このとてつもなく広く果てしない世界のどこかに居る誰かの耳元に、降り注ぐための歌を紡ぐことが、終わりのない使命なのだと感じられる日々を、これからも進んで行けますようにと祈る、今の私です。

■片倉三起也
あっという間のデビューから25周年です。25年間を音楽に捧げ続けた事がとても嬉しいです。「卑弥呼外伝」ですが、作曲に大変苦慮しました。ランティスさんから「25周年を飾る曲として悔いなく思う存分に作って下さい。10分でも20分でも、いくら長くても良いですから!」と。更には僕のリクエストでJAM Projectさんをコーラスにお迎えする事にも快諾をいただきました。作曲家としての血潮が滾り、昨年11月頃から作曲を始めたのですが、あらら、全く曲の進展がない日々。。。作っては捨て作ってはまた捨てるの連続。音符が枯渇したのかと落ち込みました。でも毎日、鍵盤や譜面と向き合っていると、25年間の色々な音楽の記憶と景色が僕に呼びかけます。「音楽は時間の芸術、たくさん苦楽を感じて作曲しなさい!」と。作曲始動から1月半が過ぎた頃でしたが、やっと「卑弥呼外伝」が出来ました。次は30周年に向けて、アリプロはまだまだ進化したいと思っております!


ニューシングル「卑弥呼外伝」

2017年3月29日発売
【BD 付盤】 LACM-14581/¥2,200 (税抜価格)+税
【DVD付盤】 LACM-14582/¥1,800 (税抜価格)+税
≪収録内容≫
[CD INDEX] 01 卑弥呼外伝 02 卑弥呼外伝(off vocal)
[Blu-ray ・DVD 収録内容] ・卑弥呼外伝 Music Clip ・卑弥呼外伝 - Shooting in Hawaii –

▲BD 付盤

▲DVD付盤

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報