コールドプレイ、新EPより幻想的なピアノバラード「Hypnotised」公開

twitterツイート

コールドプレイが3月2日、フロントマンのクリス・マーティンの誕生日に合わせて新曲「Hypnotised」をリリースした。

◆「Hypnotised」リリックビデオ

「Hypnotised」はピアノを中心に据えた幻想的なサウンドに乗せて“Now I'm hyp, hypnotised / Yeah I trip, when I look in your eyes”と歌われるドリーミーなバラード曲。リリースと同時に、「ミッドナイト」のミュージックビデオを手掛けたメアリー・ウィグモアが監督を務めるリリックビデオも公開となっている。

また、6月には先頃発表されたザ・チェインスモーカーズとのコラボ楽曲「Something Just Like This」と本曲を含む新作EP『Kaleidoscope EP』のリリースが決定した。

なお、コールドプレイは4月に東京ドームでおよそ3年ぶりとなる来日公演を行なう。同公演のチケットはすでにソールドアウトとなっている。



■リリース情報

ニューシングル「Hypnotised」
2017年3月2日(木)配信開始
配信リンク:https://WarnerMusicJapan.lnk.to/bu8dLPr

EP『Kaleidoscope EP』
2017年6月2日配信予定
1. All I Can Think About Is You
2. Something Just Like This
3. Miracles 2
4. A L I E N S
5. Hypnotised

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報