【インタビュー】the GazettE、『TRACES VOL.2』で語り倒すメンバー5人のバラード論

ツイート

■自分自身が、音楽を聴いて想像を広げるのが好きだから、聴き手に委ねたいという思いもあった(RUKI)

──歌詞はどう? バラードだからこそ言葉に出来ることがあったり。

RUKI:歌詞は曲に寄っちゃうんだけど、たまに、バラードにこういう歌詞持ってこないだろ! っていう言葉を持ってくるときはある。恋愛っぽく聴こえるけど、実際はそうじゃないとか。“愛してる”を“愛してる”以外でどう伝えようか? っていろいろと考えてみたりとか。ストレートに書くと軽くなっちゃうから。

──でも「絲」なんてストレートというか、すごく生っぽかったりするけど、そういう場合は? これぞバラードならではの歌詞の表現でもあると思うけど。

RUKI:「絲」はね。でも、あの形をいくつもは書けないというか。俺的には、そんなにいくつも恋愛の歌詞は書けなかったりするし。リアルな恋愛の歌詞ばっかり書いている人もいるけど、ある意味すごいなって思う。人間、そんなに自分の人生の中でピックアップできる恋愛ってないじゃないですか。だけど、すごくいろんな形の恋愛の歌詞を書いてる人っているでしょ? あれはね、本当にすごいなって思う。

REITA:捻り出してるんでしょ、きっと。

葵:対象となる相手が全部違う人だったら、怖い話だよね(笑)。

RUKI:どんだけ付き合ってんだ!? っていうね(笑)。

REITA:愛を歌う資格ないでしょ! みたいな(笑)。

RUKI:まぁだとしたら、その闇深い感じも好きではあるけどね(笑)。

REITA:でも、その逆で1人の人に歌ってる歌だとしたら、またそれはそれで、めちゃくちゃ怖くない?

一同:怖い怖い(笑)。

▲『TRACES VOL.2』初回限定盤

葵:でも、the GazettEのバラードの歌詞って難しくない? 俺は、よくこうやってインタビューしてるときに、RUKIが歌詞について “これはそういう意味じゃなくて、実は”って話してるの聞いてて、“あ、そうなんだ!”って思うことが度々あって、ドキッとすることがあんの(笑)。“そうなの!? で、そこもうちょっと詳しく聞かせてくれる?”って思うときがある。

RUKI:あははは。でも、「紅蓮」のときはそうだったかもね。「紅蓮」はパッと聴くと恋愛の歌詞にも聴こえるんだけど、実はその頃問題になってた『赤ちゃんポスト』のことを書いた歌詞でもあったんで。昔はね、歌詞を解説するみたいなことはインタビューでしたくないと思ってたんですよ。先入観を与えてしまうのが嫌で。でも、最近は、“実はそこではこういう意味も込められてるんだ”っていう真意的なところも伝える意味もあるのかな、って思うようにもなって。『DOGMA』とかで書いてたことって、自分たちにとってはすごくリアルなことだったりしたんだけど、聴いてる人は何のことを歌っているのか分からないからね。だから、ある程度の説明は必要だったりするのかなって。自分自身が、音楽を聴いて想像を広げるのが好きだから、聴き手に委ねたいという思いもあったからね。女性シンガーの恋愛の曲聴いて、自分なりに解釈してた曲が、実はホストとの話だったとか後から聞くと、“うわっ、闇深っ!”って思ったりとか(笑)。そういう想像とかしない? 俗に言う中二病ってやつだと思うんだけど、イヤフォンとかで曲聴いてて、主人公になるときってない?

REITA:分かる(即答)!

一同:(爆笑)。

葵:いや、分からない(笑)! ごめん! 分からない!

RUKI:ない!? マジで!? 俺、これぞ中二病だと思うんだけどなぁ。

REITA:あるある! いきなりミュージックビデオに映ってる気になる(笑)。街を歩いていて急にね(笑)。カメラがここらへん(右上あたり)にある感じで、ちょっと意識しちゃう(笑)。

RUKI:なるよね! 昔、LUNA SEAとか聴きながら歩いてるとき、悩んでもないのに悩んでる気分に浸ってたから(笑)。

一同:(爆笑)。

RUKI:反社会派になるみたいな(笑)。

REITA:なってたなってた!

RUKI:ない? あるよね?

──たしかに、今、ここに来るとき雪が降ってたから、「PLEDGE」聴きながら主人公になったよ(笑)。

RUKI:でしょ! 俺、結構、宇多田ヒカルとか聴くとそういう感覚になるんだよね。

REITA:歩くとき、ちょっと体揺れちゃったりしてね(笑)。

葵:みんな結構妄想癖すごいんだね!

RUKI:え!? ない? ないの? (麗と戒に聞く)

戒:(躊躇しながら)いや、う、ん、いや(笑)。

葵:戒あんの!? 絶対ないって!

RUKI:だからダメなんだ!

一同:ダメ(笑)。

戒:どういうこと(笑)? 主人公になるってどういうこと(笑)?

RUKI:小学校とか中学校の帰りに、イヤフォンで音楽聴いていて雨降ってきているのに傘ささないとかさ。立ち止まっちゃったりすんの!

一同:(爆笑)

REITA:あるぅ~っ!

戒:ないないないない(笑)!

RUKI:それが行き過ぎてバンドやってるって感じだよ、俺なんかは(笑)。分かるよね?

REITA:分かる~!

RUKI:麗、分かるよね?

麗:あったなぁ~。ayu(浜崎あゆみ)聴きながら。

一同:ayuかよ!

麗:あははは。ayu聴きながら車の中で泣いてたなぁ。

戒:え~~~っ!?

RUKI:きもちわりぃ。

REITA:キモイ。

葵:いや、俺からしたらみんな一緒だって(笑)。

戒:あははは。てか、ayu聴いて泣くのと、主人公の話とは違うんじゃないの?

麗:いや、俺は、その歌詞を勝手に自分を照らし合わせてるんだから、違わないんじゃない(笑)?

RUKI:いいのいいの、それでいいの。だから、要はドラマの主人公であり、その曲は、そのドラマの主題歌ってこと。バイト行くときに、雪も降ってないのに、勝手に頭の中で「Winter,again」が流れちゃってるわけよ! んで、ちょっと空見上げちゃってんの。

戒:体感しようとまでは思わないけど、気持ち的にはちょっと分かるかな(笑)。

RUKI:その気持ちがだんだん募って、“音楽作りたい”って気持ちに変わっていったんだから。

──おぉ~、いい話! 

RUKI:でしょ。戒くん、“呪われてる”っていう感覚解らないでしょ? 俺はね、音を作るとき、部屋を暗くして、“いかに怖いか”っていうのを昔やってたの。(何かに潜る仕種をして)ヘッドホンして、“うわっ! こえぇ~~!”って(笑)。

REITA:闇深っ。

──あはははは。それこそ闇深だよね(笑)。

麗:呪われてるかぁ(笑)。たしかに、昔はそんな感覚に感化されてたね。その歌詞に書かれてる世界に引っ張られるというか。

RUKI:そうそう。田舎に居るのに、都会の雑踏の中にポツンと立ってる感覚になって、思わず手首を見つめちゃったりして。

REITA:切ってみようかな? って!? 絶対馬鹿でしょ、それは(笑)。

葵:闇が深いな、みんな(笑)。

RUKI:ね、それが中二病。でもね、なりきらないとやれないと思うよ、本当に。で、戒くんはやっぱないの? 

戒:歌詞と自分の思い出を重ね合わせたりはするよ。

麗:じゃぁ、どういう気持ちで昔、包帯巻いてたの(笑)!?

一同:(爆笑)。

REITA:オマエ、中途半端に巻いてんじゃねぇよ(笑)!

戒:ちょっと待って! 葵くんもないんでしょ!? なんで俺ばっか集中攻撃(笑)!?

葵:あははは。ってことは、俺も戒も音楽と向き合えてなかったってことだね(笑)。てか、俺、音楽聴くときはサウンド重視で、もともとあんまり歌詞を見ないからね。

REITA:サーフィンで波に向かうときって、なんかそういうのないの!?

葵:あははは。洋楽聴く事が多いからさ、基本的に英語だから何言ってるか分からないんだって(笑)。

RUKI:想像しないの? 俺の場合は、そこに勝手に歌詞付けちゃうから。

葵:すっげぇ! さすがボーカリスト! 

RUKI:あははは。今でもそれはするよ。“これは絶対ドープな世界だ!”って思うと、自然と歌詞が乗ってる感じ。暗くして風呂入って(笑)。

REITA:素晴しい妄想癖。

一同:(爆笑)。

──ていうか、楽しそうだね、5人とも(笑)。15年続いたバンドとは思えない初々しさを持ってるよね、the GazettEって。

葵:あ、ディスってる?

──ううん、褒めてる。

葵:ありがとう(笑)。

麗:結成当初はもっとバカだから(笑)。

RUKI&REITA:ホント、もっとバカだったから(笑)。

戒:ホント、いろいろと酷かった(笑)。

──酷かったって(笑)。いや、本当にいいバンドだと思う、the GazettEって。

◆インタビュー(3)へ
◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報