ピアノ練習機能やダンスミュージックをカンタンに演奏できるモードを搭載したポータブルキーボード、CASIO×島村楽器のコラボで登場

twitterツイート

コンパクトで持ち運びに便利なポータブルキーボードに、より表情豊かなピアノの演奏表現と、EDMやハウス、ヒップホップなどのフレーズをカンタンに演奏できる「ダンスミュージックモード」を盛り込んだ「CTK-3500」が、島村楽器から発売される。島村楽器とカシオ計算機のコラボレーションにより誕生した楽しいキーボードだ。

◆「CTK-3500」~画像~

「CTK-3500」は、“簡単な操作で演奏がもっと楽しくなる鍵盤楽器”を目指して開発された61鍵キーボード。自動伴奏機能やメトロノーム、リズムマシンなど練習に役立つ機能に加え、誰もが聴いたことのある有名曲やクラシック名曲の自動伴奏機能、400種類の内蔵音色など演奏が楽しくなる多数の機能を搭載。さらに2つの大きな特徴を備えている。

まずは税別16,000円と低価格ながら、ピアノのように弾く強さに応じて音の強弱を表現できる「タッチレスポンス鍵盤」を採用。これにより表情豊かな音楽表現が可能。くわえて鍵盤の形にもこだわり、弾きごたえのあるピアノ形状の鍵盤となっている。

もう1つの特徴は、小学校の授業でも取り入れられているダンスミュージックを楽しめる「ダンスミュージックモード」の内蔵。EDM、ハウス、ヒップホップなど50のパターンから選んでフレーズを組み合わせて演奏したり、ダンスミュージックらしいエフェクトをかけることが可能。音楽を作る楽しさだけでなく、作った音楽に合わせて踊る楽しさも味わえる。

楽器の基本となる音にも抜かりはない。高品位で美しい音を追求したカシオ独自のAHL音源で、グランドピアノの音色をはじめ、多彩な楽器の音を400種類と、ロック、ポップ、ジャズ、ラテンなど幅広い音楽ジャンルのリズムを100パターン内蔵している。

楽しみながらラクラク上達できる「ステップアップレッスン」にも注目。60曲の内蔵曲から好きな曲を選んで、右手/左手のパートごとや、短いフレーズごとにレッスンが可能。1フレーズ弾けるようになったら次のフレーズに挑戦。この積み重ねでいつのまにか1曲をマスターできる。

キーボード本体には10cm×2/2W+2Wのスピーカーを内蔵。付属のACアダプターのほか、単3形乾電池×6本でも動作可能。譜面立てと楽譜集が付属するほか、箱を開けてすぐに弾けるよう「クイックスタートガイド」を同梱。楽器が初めてでも安心のセット内容となっている。

製品情報

<おもな仕様>
●61ピアノ形状鍵盤 ●タッチレスポンス ●最大同時発音数:48音 ●400音色(ステレオグランドピアノ音色含む) ●100リズム ●自動伴奏機能 ●50ダンスパターン ●内蔵曲:60曲ソングバンク ●リズム/ソングコントローラー ●レッスン機能:ステップアップレッスン(右手/左手/両手選択可能)、採点機能、運指音声機能 ●デジタルエフェクト(リバーブ10種)、ダンスミュージックエフェクト、バーチャルホール ●メトロノーム機能 ●ピッチベンドホイール ●ワンタッチ プリセット(100セット) ●キートランスポーズ ●チューニングコントロール ●GMレベル1準拠 ●入出力端子:オーディオ・イン、ヘッドホン/出力、サスティンペダル(アサイナブル)、USB、外部電源(DC 9.5V) ●スピーカー:10cm×2 ●出力:2W+2W ●電源:単3形乾電池×6本/家庭用AC電源(ACアダプター付属) ●サイズ/質量:幅946×奥行307×高さ92mm/約3.4kg(電池含まず)●付属品:ACアダプター(AD-E95100LJ)、楽譜集、譜面立て

◆CTK-3500
価格:16,000円 (税抜) 
発売日:2017年3月11日


関連画像

◆CTK-3500 画像
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報