アルミニウム製シャーシで高級感と高い剛性を実現するコンパクトなハイレゾ対応プレーヤー2機種、オンキヨー「rubato」&パイオニア「private」登場

ツイート

ハイレゾ対応のコンパクトなデジタルオーディオプレーヤー2機種がオンキヨー&パイオニアイノベーションズから登場した。オンキヨーブランドの「rubato(ルバート)」(型番:DP-S1)が3月中旬発売、パイオニアブランドの「private(プライベート)」(型番:XDP-30R)はシルバーが3月下旬、ブラックが3月中旬より発売となる。

両モデルとも片手で操作できる94×63×15(H×W×D)mmのコンパクトなボディに、使いやすい2.4インチタッチパネルを搭載。アルミニウムの塊から直接削り出した(総削り出し)アルミニウム製シャーシが、高級感と高い剛性を実現している。クリアで広がりのある高音質を実現するために、DAC部にESS社のSABRE DAC ES9018C2M、アンプ部にDAC部からの伝送をスムーズに行えるSABRE 9601Kをそれぞれ2個搭載するフルバランス回路構成を採用。出力端子に3.5mmアンバランスに加え、2.5mmバランス出力を搭載する点も共通だ。異なるのはデザインやユーザーインターフェイス、そして、両ブランドがそれぞれ培ったノウハウを注ぎ込んだサウンドのチューニングだ。


▲左からオンキヨーprivate DP-S1(B)、パイオニアXDP-30R(S)、XDP-30R(B)

いずれもハイレゾ音源は、DSDの5.6MHzまでのネイティブ再生、FLAC/WAVの192kHz/32bitまでの再生に対応。圧縮音源のほか、Wi-Fi機能とBluetooth機能搭載でストリーミング音源も再生可能となっている。BluetoothはA2DP/AVRCP対応、音声コーデックはSBCのみのサポートとなっている。内蔵ストレージは16GB、拡張用にmicroSDスロットを2基用意(SDHC、SDXC対応)、各スロット最大200GBまで対応する。合計416GBもの大容量の音源が持ち歩けるのは大きな魅力だろう。

好みのサウンドにアレンジする機能としては、6個のプリセット(Flat/Pop/Rock/Jazz/Dance/Vocal)に加え、プリセットをカスタマイズして最大3個まで保存可能な10バンドイコライザ、楽曲の雰囲気に合わせて5段階の調整が可能なBass Enhancerを用意。7ステップでジッターノイズの低減を限界まで追い込めるというロックレンジアジャスト機能や、SHARP/SLOW/SHORTの3モードで楽曲を楽しめるデジタルフィルターも搭載される。

iPhone、AndroidからBluetooth Low Energy経由で操作できる専用アプリも用意。「rubato」は「Onkyo DapController」、「private」は「Pioneer DuoRemote App」(いずれもApp Store、Google Playでダウンロード)を用いて、プレーヤーをバッグに入れたままでスマホから再生/停止、曲送り/戻し、音量調整などの操作が可能となっている。

製品情報

◆rubato DP-S1(B)
価格:オープン(想定売価 45,000円前後 税別)
発売日:2017年3月中旬
◆private XDP-30R(S)/(B)
価格:オープン(想定売価 40,000円前後 税別)
発売日:シルバー 3月下旬、ブラック 3月中旬

この記事をツイート

この記事の関連情報