パール・ジャム、ロックの殿堂式典に、過去のドラマー全員を招待

ツイート

今年ロックの殿堂入りするパール・ジャムは、4月に開かれる式典に過去のドラマー全員を招待したそうだ。

◆パール・ジャム画像

バンドは、唯一ドラマーのポジションでメンバー・チェンジを繰り返しており、現在のマット・キャメロンは5代目。彼らの中で殿堂入りするのは、キャメロンとオリジナル・メンバーのデイヴ・クルーセンに限られた。

バンドは週末(3月11日)、彼ら2人だけでなく、マット・チェンバレン、デイヴ・アブラジーズ、ジャック・アイアンズと式典で会えるのを楽しみにしているとのメッセージをTwitterに投稿した。

「アワードや栄誉は、当然のこと主観的であり、数えきれないほどの僕らの同輩がまだその称賛を得ていない。僕らは、認められ、グループにいた全ての人とリユニオンできる機会を与えられたことを幸運に思っている。

特に、マット・キャメロン前の時代、僕らのバンドに独特の痕跡を残したドラマーたちと。

デイヴ・クルーセン、マット・チェンバレン、デイヴ・アブラジーズ、ジャック・アイアンズはそれぞれ素晴らしいプレイヤーで、初期のレコーディングやライブに全力を注ぎ込んでくれた。

彼ら、そして他のミュージシャンたちに会うのを楽しみにしている。H.R.(*バッド・ブレインズ)とペリー・ファレル(*ジェーンズ・アディクション)もいたら良かったのにと言わなくてはならない。それ以外、僕らはこの受賞をラッキーだと感じ感謝している」

昨年10月、パール・ジャムが殿堂入りの候補に挙がった際、アブラジーズは自身の名前がないことに不満を口にしていた。彼をはじめ、3人のドラマーからまだコメントはなされていない。

ロックの殿堂入りのセレモニーは4月7日に開かれる。


Ako Suzuki
photo:DannyClinch
この記事をツイート

この記事の関連情報