T.M.Revolutionがデビュー20周年を記念して47都道府県で開催した全国ツアー<T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -Route 20->から、日本武道館公演の模様が3月19日にWOWOWにて独占放送されることが決定した。

◆T.M.Revolution 画像

西川貴教のソロプロジェクトとして1996年5月にシングル「独裁 -monopolize-」でデビューしたT.M.Revolution。豊かな表現力と高い歌唱力、力強いロックとキャッチーなポップスを融合させた楽曲、エンターテイメント性の高いパフォーマンスで幅広い層から支持されている。地元・滋賀県の初代「滋賀ふるさと観光大使」に任命され、県内で大型野外ロックフェス<イナズマロック フェス>を毎年主催するなど、プロデューサーとしての才能も発揮している。



デビュー20周年記念オールタイム・ベストアルバム『2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-』を5月にリリースし、オリコン週間アルバムランキングで1位を獲得。同ベスト盤を引っさげてデビュー20周年記念日となる2016年5月13日から、全国47都道府県を回る全国ツアー<T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -Route 20->をスタートし、年をまたいだ2017年1月4日、東京・日本武道館にて、国内でのファイナル公演を迎えた。



ステージセットはシンプルだが、360度すべての席をファンが埋め尽くし、全方向からライブが楽しめるようになっているステージは壮観だ。西川貴教がステージに登場すると、まさに“降ってくる”という言葉がぴったりな大歓声に包まれた。

オープニングナンバーは、デビュー曲の「独裁 -monopolize-」。続いて、「LEVEL 4」「HIGH PRESSURE」「WHITE BREATH」「HOT LIMIT」といった大ヒット曲を序盤から惜しみなく畳み掛け、観客のボルテージを一気に引き上げる。



赤いマラカスを振りながら歌った「HEAT CAPACITY」、圧倒的な歌唱力に観客が息を呑んだ「THUNDERBIRD」「INVOKE -インヴォーク-」など、エネルギー溢れるステージ展開でオーディエンスを魅了していく。

後半に入ってもその勢いは止まらず、ますます加速していくばかり。コール&レスポンスで観客とより強い一体感を作り上げ、終盤の「FLAGS」では衣装を脱ぎ捨てて熱唱。伸びやかな歌声で「DOUBLE-DEAL」を聴かせて、熱狂のライブを締め括った。



20周年というアニバーサリーに相応しいヒット曲満載のライブは、T.M.Revolutionがファンとともに歩み、積み上げてきた歴史をたっぷりと味わえる内容となった。

この公演の模様は、3月19日(日)夜10:00からWOWOWで放送される。なお、番組特設サイトではライブダイジェスト映像を公開していることに加え、抽選で100名にT.M.Revolution × WOWOWオリジナルビアグラスが当たるプレゼントキャンペーンも実施中だ。

■WOWOW番組『T.M.Revolution / T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -Route 20-』

放送日時:2017年3月19日(日)夜10:00 [WOWOWライブ]
収録日:2017年1月4日
収録場所:東京・日本武道館
番組特設サイトhttp://www.wowow.co.jp/music/tmr/
※番組特設サイトではライブダイジェスト映像公開中
【プレゼントキャンペーン実施中】※WOWOWテレビ会員限定
抽選で100名様にT.M.Revolution×WOWOWオリジナルビアグラスをプレゼント
3/31(金)24:00までご応募受付。詳細は特設サイトまで。