坂本真綾&斎藤さんが「シェイク・イット・オフ」、映画『SING/シング』より新映像公開

twitterツイート

3月17日(金)に日本公開されるアニメーション映画『SING/シング』の日本語吹き替え版より、トレンディエンジェルの斎藤司が演じるグンターと坂本真綾が演じるロジータの歌唱シーン映像が公開された。

◆映画『SING/シング』 ロジータ&グンター吹き替え映像

『SING/シング』は『ミニオンズ』や『ペット』を手掛けたイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオの最新作で、閉館の危機に直面した劇場主のコアラが動物たちに向けた歌のオーディションを開催し、劇場を守ろうと奮闘する物語。今回の映像では、ブタのグンターとロジータがテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」に乗せて演じるダンスパフォーマンス・シーンを観ることができる。

なお、本シーンについてトレンディエンジェル斎藤は「日本語の歌詞になおせる歌は良かったんですけれども、英語のまま歌うこの曲は発音がやっぱり難しくて、“shake it off”とか、なかなか上手くできてないですよね」、坂本も「アフレコ収録の場に英語の発音を指導してくださる先生がついてくださっていたのですが、難しくてなかなかOKが出ず苦労しました(苦笑)」と、それぞれ奮闘のほどを語っている。

(C)Universal Studios.


映画『SING/シング』

2017年3月17日(金) 全国ロードショー
監督/脚本:ガース・ジェニングス 製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
配給:東宝東和
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、
ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他
吹替え版/演出:三間雅文 日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置 日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
公式サイト:http://sing-movie.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/sing.movie.jp/
公式Twitter: https://twitter.com/SingMovieJP
(C)Universal Studios.

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報