TM NETWORK、「GET WILD」30周年記念アルバム全収録内容&ジャケット写真解禁

twitterツイート

4月5日(水)に発売されるTM NETWORKの「GET WILD」だけのアルバム『GET WILD SONG MAFIA』の全収録内容が発表された。

◆ジャケット画像

今作のDISC1~3にはTM NETWORKがこれまで発表してきたオリジナルの「Get Wild」からTM 30周年ファイナルの「Get Wild 2015(“30th FINAL” Version)」まで新旧数々のバージョンが、SONY、吉本、avexとレーベルの枠を越えて21曲が収録される。さらにDISC4は様々なアーティストのバージョンの「GET WILD」で構成されることが決定。

その収録・参加アーティストは、89年に発表された “ビクター・ファンタスティック・オーケストラ”にはじまり、イタリア出身ユーロビートアーティスト “Dave Rodgers”、「GET WILD」はもちろん数多くのTM楽曲の作詞を手がけた “小室みつ子”、アニメ『シティーハンタースペシャル』のエンディングテーマを歌った “NAHO”、卓越したダンスパフォーマンスと歌唱力の “玉置成実”、数々の名作アニメの声優も務めている “緒方恵美”、 実力派のダンスと歌で評価を得ている6人組男性K-POPグループ “超新星”。

そして20周年を経て今なおフォロワーが絶えない “globe”、フランス出身で今回ボサノヴァアレンジした “Clementine”、アグレッシブかつ超絶技巧な鍵盤プレイをみせる “H ZETT M” 、疾走感あるデジロックへとアレンジをみせた “Purple Days”、今月初めに最新の「GET WILD 2017 TK REMIX」を発表した “小室哲哉”、TM NETWORKのカバー曲でメジャーデビューした歴史もある “石野卓球(電気グルーヴ)”、次世代のEDMを牽引し世界中のフェスやクラブでも注目を集めるオランダ人DJデュオ “SICK INDIVIDUALS” など、錚々たるアーティストが楽曲を提供している。

これらが1つに集約され、4枚組36曲で構成される『GET WILD SONG MAFIA』。シンプルながら力強いデザインのジャケット写真も公開されている。「GET WILD」がこれまで歩んできた歴史と連綿と歌い継がれ、カバー・リミックスされてきた集大成といえる今作を楽しみに待ちたい。


『GET WILD SONG MAFIA』

発売日:2017年4月5日(水)発売
アーティスト:TM NETWORK
価格:¥3,000(税抜き)
形態:3CDアルバム
収録曲数:36曲予定

収録曲
<DISC1>
M1:Get Wild
M2:Get Wild (“FANKS CRY-MAX” Version)[1987/6/24 日本武道館]
M3:GET WILD '89
M4:Get Wild (“CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! '89” Version)[1989/8/30 横浜アリーナ]
M5:Get Wild (“RHYTHM RED TMN TOUR” Version)[1991/2/22 仙台イズミティ21]
M6:Get Wild (“tour TMN EXPO ARENA FINAL” Version)[1992/4/12 横浜アリーナ]
M7:Get Wild (techno overdub mix)
M8:GET WILD '89 (“TMN final live LAST GROOVE 5.18” Version)[1994/5/18 東京ドーム]
M9:GET WILD DECADE RUN
M10:GET WILD (“LIVE EPIC25” Version)[2003/2/23 国立代々木競技場第一体育館]
<DISC2>
M1:Get Wild (“DOUBLE-DECADE “NETWORK” Version)[2004/4/21 横浜アリーナ]
M2:Get Wild (“DOUBLE-DECADE TOUR FINAL “NETWORK” Version)[2004/6/24 日本武道館]
M3:Get Wild (“REMASTER” Version)[2007/12/3 日本武道館]
M4:Get Wild (“Incubation Period” Version)[2012/4/25 日本武道館]
M5:Get Wild (“FINAL MISSION -START investigation-” Version)[2013/7/20 さいたまスーパーアリーナ]
M6:Get Wild 2014
M7:Get Wild 2014 (“the beginning of the end” Version)[2014/5/20 東京国際フォーラム]
M8:Get Wild 2014 (“30th 1984~ QUIT30” Version)[2014/12/10 東京国際フォーラム]
<DISC3>
M1:Get Wild 2014 (“QUIT30 HUGE DATA” Version)[2015/2/8 さいたまスーパーアリーナ]
M2:Get Wild 2015 -HUGE DATA-
M3:Get Wild 2015 (“30th FINAL” Version)[2015/3/22 横浜アリーナ]
<DISC4>
M1:Get Wild/ビクター・ファンタスティック・オーケストラ
M2:Get Wild/Dave Rodgers
M3:Get Wild/小室みつ子
M4:Get Wild (CITY HUNTER SPECIAL'97 VERSION)/NAHO
M5:Get Wild/玉置成実
M6:Get Wild/緒方恵美
M7:Get Wild/超新星
M8:Get Wild/globe
M9:Get Wild/Clementine
M10:Get Wild/H ZETT M
M11:Get Wild/Purple Days
M12:GET WILD 2017 TK REMIX
M13:GET WILD (Takkyu Ishino Latino Acid Remix)
M14:GET WILD (SICK INDIVIDUALS Remix)
M15:GET WILD (Dave Rodgers Remix)

◆TM NETWORK オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon