ION Audio、トランク型ポータブルレコードプレーヤーVinyl Transport発売

twitterツイート

1950年代に流行したトランク型のレコードプレーヤーをイメージして作られたVinyl Transportは、ハンドル付きのコンパクトなボディにステレオスピーカーを内蔵。単3電池での駆動も可能なポータブルレコードプレーヤー。

◆Vinyl Transport 画像

本体には33・45・78 RPMの3つの回転速度の切り替えスイッチと、スピーカーのボリューム調整用ノブが配置され、誰でも迷わずに操作することができる、シンプルな機能&デザインが特徴だ。またレコードの終わりに再生が自動停止するオートストップ機能を装備しており、レコードの扱いに不慣れなビギナーにはうれしいポイント。

さらにステレオスピーカーを搭載しており、針を落とせばすぐにレコードのリスニングが可能なほか、RCAアナログ出力端子を備えているので外部のオーディオ機器を利用し、より高度なリスニングを楽しむこともできる。

なお、レトロ感満載の水色、艶やかな色彩が印象的な赤、どんな場所にも相性が良い黒の3色がラインナップされている。

▲レトロなデザインでコンパクトな筐体が魅力。持ち運びも可能だ
▲オンオフ連動のボリュームつまみと回転数ボタン、オートストップボタンというシンプルな操作子
▲スピーカーは正面手間にステレオで用意。外部出力端子で、よりラウドな楽しみ方も

Vinyl Transport

3月22日(水)発売
価格:オープン価格/市場想定売価:6,980円(税込)
電源:AC アダプター(V DC、1A、センター+)、または単3乾電池4本(駆動時間最大6時間)
カートリッジタイプ:セラミック
サイズ(W x H x D):約349 x 114 x 254 mm
重量:約2.8kg

◆Vinyl Transport 製品サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス