【インタビュー】HIPPYが語る、広島県の魅力 〜食・観光・精神〜

ツイート

■宮島は本当に素敵な場所で月に一回は行く

──そんな広島ですが、美味しいものが満載の街ですよね。

HIPPY:来てくださいよ。めっちゃ旨いとこ紹介しますよ。紹介しきれないくらい多くて、やばいっす。

──とりあえず、お好み焼きや牡蠣は有名ですが。

HIPPY:つけ麺も独特なんですよ。広島風つけ麺とか広島風汁なし担々麺とか、広島ならではのこれがまた美味いんです。あと、せんじ肉(せんじがら)っていう豚のホルモンの唐揚げとか、地元の人が知るB級グルメがイカしてるんです。お好み焼き以外にも、鉄板で焼くホットケーキが最近注目されてきていて、これがまたおいしい。

──鉄板でホットケーキ?

HIPPY:鉄板の上で生クリームが溶けていくとめっちゃいい匂いなんですよ。

──匂いを嗅ぐだけで太るわ。

HIPPY:ほんと、お好み焼きの脂っこい匂いからの甘い匂いへのギャップは、男女問わず殺られます。宮島に行けば穴子飯、揚げもみじ饅頭。今は広島駅にもありますけど。

──広島観光のポイントを教えてほしいです。

HIPPY:メシの話題を出したらほんとに止まんないですけど…まず宮島は行った方がいいっすね。宮島も1日で足りるかっていうくらい見どころがあります。ほんまに島なんで船に乗って行くんですけど、厳島神社以外にもオススメな寺がたくさんありますし。

──ほう。

HIPPY:厳島神社の途中に見える千畳閣(豊国神社の通称)っていう寺とか。これは豊臣秀吉が亡くなって工事が中止になったっていう未完成の寺なんですけど、とにかくでっかいワンフロアのお寺なんです。元々いろんな部屋を分けて作ろうと思っていたらしいですが、高台にあって景色もいいですし、春とかに行ったら気持ちよすぎて“気持ちよすぎ死”しちゃうくらい、いい場所。

──曲もできちゃう。

HIPPY:いやもうほんま、気分転換にはめちゃめちゃいい場所ですね。ここでメシは食えないんですけど、この寺でメシ食えたら最高だなぁ。

──東京で疲れた若者の、心の洗濯には最高ですね。

HIPPY:旅立ちましょう!ちょっと山を登ったところに大聖院(多喜山水精寺大聖院)っていう寺があるんですけど、ここには寺の地下に「戒壇めぐり」ができる真っ暗な道があるんですよ。京都の清水寺にもあるらしいんですけど、「生まれる前の真っ暗闇の状態で一回自分の感覚をリセットしよう」っていう意味合いもあるらしくて、とにかく真っ暗な道を這うようにして歩くんです。

──産道を歩くように。

HIPPY:そうそう。ここに行くのが好きで、僕もリセットしに行きます。宮島は本当に素敵な場所で月に一回は行くかな。その寺の裏に一願大師が祀られていて、「人生におけるひとつの願いをここで言ってみなさい」みたいな場所があるんです。僕、まだ言えてないんですよ…「人生におけるひとつの願いってなんだろう」って思って。もうちょっと若かったら「大成したい」とかあったんですけど。

──「金持ちになりたい」とかね。

HIPPY:そう。今は「健康」とか「家族が長生きしてくれ」とか、そういうマインドになってくるような場所なんですよね。僕はいつでも来れるから「保留します」状態。東京から来るなら願いを言っておかないと、ね。

──今の時点では、何を言えばいいと思ってます?

HIPPY:今の時点は、そうですね…んー、えーうわーやっぱめっちゃ考えますね、願いがたくさんあるので、それをひとつにまとめる作業をしてます。

──難しいですよね。

HIPPY:すごく難しい。だから一願大師の前で立ち尽くすんです。目をつむってそこで考えをシンプルにする。月並みですけど、自分がずっと歌えるためにどうしようか、とかいう考えになるんです。そのためにはまわりの方の力も絶対必要だし、その方たちの幸せとか健康も考えちゃうんですよね。ブクブク太った僕が何を言ってんだってところですけど、ほんと考える。なので、考える場所としてはいいところです。

──大鳥居を近くで見たいんですが、雨が降っても行けますか?

HIPPY:全然行けます。晴れた方がいいですけどね。原爆ドームから出ている「ひろしま世界遺産航路」という船で見る広島市もいいんです。宮島から出るフェリーは2つあるんですけど、JRフェリーから乗ると大鳥居の前を通ってくれるので、それもありですね。満潮/干潮でも景色が違います。

──航路が変わるんですか?

HIPPY:船が行けなくなってしまうので、大鳥居に触りたいってなると干潮のときに行った方がいいですし、海の上に浮いてる厳島神社を見たいなら満潮のとき。両方見たければ12時間くらいゆっくりできるルートを考えたらいいですね。

──一泊二日の旅ならば、宮島と原爆ドームと…

HIPPY:ちょうどいいくらいだと思いますよ。宮島では「うえの」っていうあなごめしのおいしい店があるんですよ。すごい並んでますけど、並ぶ人のために本屋とかもできています。お弁当はわりと並ばずに買えます。お弁当でもあったかいのをくれるので。うわ、食べたくなってきた。でもね、今一番おすすめは汁なし担々麺なんすよ。

──それはどこに行けば食べられます?

HIPPY:広島中ちょこちょこあるんですけど、肉味噌の下に麺があって、まず30回くらい混ぜて食べる。その後、余った肉味噌たちに米を混ぜて食べる。これが広島流の食べ方というか広島流の味で、もうやみつきになるんですよね。

──麺を食べたあとにさらにライスを?

HIPPY:ライスがあること前提の食べ物なんです(笑)。これが最高の組み合わせなんすよ。

──東京から広島に行く場合、飛行機で行くべきなのか新幹線で行くべきなのかがわからないんですが。

HIPPY:これはねぇ…ほんと迷います。飛行機だとめっちゃ安い便がありますよ。往復で8,000円くらい、手荷物は5キロまでですけど。空港が広島駅からちょっと離れているから、かかる時間はほぼ一緒かな。同じ時間かかるんだったら安さを選んでもらって、その分おいしいものとかにまわした方がいいかもしれないですね。広島人は、空港が遠くて新幹線を選ぶ人が多いからマイルが貯まらない(笑)。

◆インタビュー(3)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報