ボストン初期のドラマー、シブ・ハシアン、死去

ツイート

ボストンに1976~1982年まで在籍し、デビュー・アルバム『Boston』(1976年)とセカンド『Don’t Look Back』(1978年)でプレイしたドラマー、シブ・ハシアンが水曜日(3月22日)、公演中に倒れ、息を引き取った。67歳だった。

◆シブ・ハシアン画像

彼の息子アダムがTMZ.comに語ったところによると、ハシアンは、3月18日にフロリダを出港したカリブ海を周るクルーズ上でのフェスティバル<Legends Of Rock Cruise>でパフォーマンス中に突然、倒れ、救命措置が施されたが、意識を取り戻すことはかなわなかったという。

ハシアンは、元バンド・メイト、バリー・グドロー(G)、ビーチ・ボーイズのデヴィッド・マークス、元フォリナーのルー・グラム、元カンサスのジョン・エレファンテらとパフォーマンスしていた。

フェスティバルは中止すべきではないとの奥さんの希望から、航海は続き、金曜日(24日)船上で追悼公演が開かれるという。

ハシアンはボストン脱退後、グドローやサミー・ヘイガーらとプレイしてきた。

ボストンは「初期のアルバムやツアーでのシブのハイ・エネルギーなドラムは、これからも多くの人々の記憶に留められるであろうレガシーを遺した」と、追悼の言葉を寄せた。

合掌。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報