植田真梨恵、初出演&主題歌書き下ろし映画『トモシビ』予告編動画に哀愁を帯びた歌声

twitterツイート

植田真梨恵が5月20日公開映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』に初出演することに加え、主題歌「灯」を書き下ろしている。同映画の予告編動画がYouTubeにて公開となった。

◆映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』予告編 動画

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』は、95年の歴史を持ち、銚子駅から関東最東端の犬吠埼を通る全長6.4㎞のローカル線“銚子電鉄”を舞台に、そこに暮らす人々を描いた心温まるヒューマンドラマだ。


予告映像では、主人公・杏子が企画した高校生による銚子電鉄との<駅DEN>模様や美しい銚子の風景が盛り込まれ、植田真梨恵の書き下ろし主題歌「灯」が登場人物たちの想いや景色をしみじみと彩る。「灯」は劇中に登場する“電車は人を繋ぐトモシビだ”というキーフレーズや電車と高校生が走る姿など、植田真梨恵が実際に銚子を訪れ、映画の撮影を経て、書き下ろした楽曲だ。ひと気のない砂浜を通り抜けていく風のように、哀愁を帯びた歌声が印象的なナンバーを、予告編動画でチェックしていただきたい。

なお、5月20日の映画公開に先駆けて、映画の舞台となった銚子市のイオンシネマ銚子に加え、イオンシネマ幕張新都心にて先行上映実施が決定したほか、銚子電鉄の代表的な車両の顔をモチーフにしたポスタービジュアルも公開となった。


■映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』

5月06日(土) イオンシネマ銚子、イオンシネマ幕張新都心 先行ロードショー
5月20日(土) 新宿武蔵野館 ほか全国順次ロードショー
出演:松風理咲、前野朋哉、植田真梨恵、有野晋哉、富田靖子、井上順
監督:杉山泰一(「の・ようなもの のようなもの」)
原作:吉野翠『トモシビ~銚子電鉄の小さな奇跡~(TO文庫)』
主題歌:植田真梨恵「灯」(GIZA studio)
【ストーリー】
走る、走る。想いを乗せて──。高校生の椎名杏子(松風理咲)は、父を亡くし、母(富田靖子)と二人で銚子の街で暮らしていた。彼女が企画した<銚子電鉄と高校生ランナーとのレース勝負>が、地元メディアにも注目され、地元の期待も高まる中、最後のランナーが決まらず焦る杏子。
時を同じくして、人生に疲れ果て、ふと銚子を訪れた一人の女性キミエ(植田真梨恵)の美しさに目をとめる電車撮り鉄青年の熊神(前野朋哉)。荒れた生活を送るキミエを世話する羽目になった熊神だったが、キミエを少しずつ理解し、徐々に2人の距離も近づいていく。
一方、銚電の名にかけてもその勝負に負けられない銚子電鉄側では、万全の準備を期していたが、まさかの部品故障が発生。運転士の磯崎(有野晋哉)がレースを諦めかけた時、母と親しくする磯崎を疎ましく思っていた理咲が言い放つ…。そして、レース当日、それぞれの想いを乗せて、走る、走る。


■タイアップ情報

▼『Kurumekasuri Story お伝さん〜久留米かすり物語』
製作・著作:(公財) 久留米地域地場産業振興センター、久留米市
制作:キュービックリレーションズ株式会社、球フィルムス
脚本・監督:児玉公広
主題歌・挿入歌:植田真梨恵「勿忘にくちづけ」「go for the sun」(くるめふるさと大使)
地場産くるめオフィシャルサイト http://www.jibasankurume.jp/

▼劇場版アニメ『ゴーちゃん。〜モコとちんじゅうの森の仲間たち〜』
脚本:真保裕一
監督:やすみ哲夫
制作:シンエイ動画 企画協力:サンリオ
制作・著作:テレビ朝日
声の出演:茅野愛衣、杉田智和、梶裕貴、島崎信長、長克巳、佐藤正治、谷育子、かかずゆみ
エンディングテーマ曲:植田真梨恵「虹はかかるから」
テレ朝サウンドにて配信中 http://su.tvasahi.jp/
「ゴーちゃん。」オフィシャルサイト http://www.tv-asahi.co.jp/go-chan/movie/



■ライブイベント出演情報

3月25日(土) ISEKI LIVE 2017~COFFEE & SOUL~ ※ゲスト出演
5月04日(木祝) NIIGATA RAINBOW ROCK 2017

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報