3月25日、東京・赤坂BLITZにて、人間椅子の<ライブ盤リリース記念ワンマンツアー「威風堂々」>が最終日を迎えた。2月に発売されたライブ盤『威風堂々~人間椅子ライブ!!』を記念したこのツアーは、全国14箇所で大盛況。満員の赤坂BLITZは、彼らの悪魔的な爆音と叙情に酔いしれる一夜となった。

◆人間椅子 ライブ画像(全13枚)

定刻の午後6時半にあたりが暗くなり、SE「此岸御詠歌」の妖しい音色が響きわたる。割れんばかりの拍手と歓声が場内を包む。その熱気を浴びながら、ゆっくりとステージに歩み出る和嶋慎治(Vo&G)、鈴木研一(Vo&B)、ナカジマノブ(Vo&Dr)の3人。ロック道を突き進まんとする彼らの表情には、一切の迷いがない。

この夜の1曲目は、和嶋が高校時代に作詞作曲した、狂気に満ちた「鉄格子黙示録」。意表を突いた幕開けに、オーディエンスは驚きと喜びの入り混じった声で応える。続く「陰獣」は、彼らがイカ天でその実力を天下に知らしめた一曲だ。人間椅子にとって重要な意味を持つ楽曲が冒頭から連発される演出に、観客は興奮を抑えきれない。鋭利なギターリフ、地鳴りのようなグルーヴ、絶妙のハーモニーは今夜も刺激的だ。

おどろおどろしい楽曲の合間に挟み込まれる爆笑トークも見どころで、今回のツアーがいかに充実の時を重ねてきたかが、観る者に伝わってくる。先頃発売され、各方面で好評を博している和嶋の自伝本『屈折くん』を隙あらば宣伝する鈴木のMCが微笑ましい。互いに敬意を示し合う彼らの姿は、いつ観ても気持ちが良く、友情の尊さというものに気づかせてくれる光景である。


摩訶不思議な魅力を放つ「九相図のスキャット」に続き、大曲「狂気山脈」で高い演奏力を見せる彼ら。人間の業を感じさせるような物語と、へヴィかつプログレッシヴな構成に、思わず手に汗握ってしまう。初期の人間椅子の重要なレパートリーでアルバム未収録の名曲「わたしのややこ」の世にも奇妙なドライヴ感の後は、アドリブで奏でられたスペーシーな効果音が観衆を幻惑する。続く「宇宙遊泳」では、和嶋がテルミンを操りながら、メロイックサインや両手で作ったハートマークをフロアに向けるお茶目なひとコマも。直後の「宇宙からの色」で場内に満ちてゆくトリップ感はたとえようもない。

本編中盤、非日常的な空気が渦巻く「見知らぬ世界」やスリリングな展開の「心の火事」等で、ますます息ぴったりの演奏と歌唱を見せる3人。油断すると引き返せなくなりそうな深みにまで連れて行ってくれる彼らの掛け合いは、日本のへヴィロックの完成形の一つと言っても過言ではない。

ナカジマが力強くドラムを叩きながら元気な歌声を響かせる「ロックンロール特急」を合図に、本編もいよいよ終盤へ。「恐怖!!ふじつぼ人間」「雪女」で至高のうねりを生み出すと、最後は「針の山」がフロアに至福の一体感をもたらす。この曲が爆発的なフィニッシュを決める頃、時計の針は午後8時半近くを指していた。

さらなる演奏を渇望する観衆の求めに応えて、アンコールでは「猟奇が街にやって来る」と「地獄」で時空を歪ませる人間椅子。和嶋・鈴木・ナカジマの阿吽の呼吸は、ショウが終わりを告げる頃になっても乱れることはない。彼らのダークな呪術にかけられて恍惚の表情を浮かべるオーディエンスが印象的だった。


灼熱地獄に突き落とされた後は、2度目のアンコールへ。ラストは「なまはげ」で異世界からの不気味な轟音を響かせて締めくくった彼ら。いつまでも鳴りやまない拍手に対して、笑顔で感謝を述べる3人の姿が美しい。レア中のレアな曲が飛び出したり、近年の充実の活動を物語る曲が奏でられたりと、まさに“裏ベスト”といえる多様な選曲がなされたこの公演は、さながら人間椅子とともに巡る時間旅行のようであった。

和嶋の最後のMCによれば、「これからアルバム制作に入りたいと思います!恐ろしいアルバムを作ります!年内発売になると思いますが、アルバムが出た暁には、また全国ツアーも行います!」とのこと。人間椅子は、信念を貫いて活動を続けることの大切さを教えてくれるバンドだ。この先も彼らの周りには、次々と面白いことが起こる気配がある。爆音と無邪気に戯れる3人の歩みを、いつまでも追いかけていたい。


TEXT BY 志村つくね
PHOTO BY 堀田芳香

セットリスト

2017年3月25日(土)東京・赤坂BLITZ公演

1. 鉄格子黙示録
2. 陰獣
3. 九相図のスキャット
4. 狂気山脈
5. わたしのややこ
6. 宇宙遊泳
7. 宇宙からの色
8. 見知らぬ世界
9. 黄泉がえりの街
10. 心の火事
11. 深淵
12. ロックンロール特急
13. 恐怖!!ふじつぼ人間
14. 雪女
15. 針の山
EN1.
1. 猟奇が街にやって来る
2. 地獄
EN2.
1. なまはげ