オール・ザット・リメインズ、多様な要素を取り入れたメタルコア作品

ツイート

米メタルコア・シーンを牽引するオール・ザット・リメインズが、約2年ぶり8枚目のアルバム『マッドネス』を5月5日にリリースする。

◆オール・ザット・リメインズ画像



『マッドネス』は、キャッチーなフック/シャープなリフ/エレクトロニック・サンプルと様々なボーカル・スタイルを採り入れた、バンド史上最もチャレンジングで幅広いサウンドに仕上がっている。プロデューサーにはグラミー賞受賞経験もあるハワード・ベンソン(Papa Roach, Halestorm, Chris Cornell)が起用され、現代のハードロック/メタルに多種多様な要素が加味された作品だ。

今作は“激しさ”と“繊細さ”がテーマになっており、メロディック・デスメタルを始めて以来一番ヘヴィな仕上りだとフィル・ラボンテが豪語する「セイフ・ハウス」や、アコースティック・ギターと叙情的なヴォーカルで孤独や絶望を表現し、そこに壮快なロック調を入れることにより光と闇のコントラストを強調した「ファー・フロム・ホーム」など、バラエティに富んだ曲が収録されている。


オール・ザット・リメインズ『マッドネス』

2017年5月5日発売予定
【100セット通販限定 メンバー直筆サイン入りブックレット付きCD+Tシャツ】¥6,000+税
【CD】¥2,500+税
※日本語解説書封入
1.セイフ・ハウス
2.マッドネス
3.ナッシング・アイ・キャン・ドゥー
4.イフ・アイム・オーネスト
5.ヘイロー
6.ラウダー
7.リヴァー・シティ
8.オープン・グレイヴ
9.ファー・フロム・ホーム
10.トラスト・アンド・ビリーヴ
11.バック・トゥ・ユー
12.ネヴァー・ソーリー
《ボーナストラック》
13.ザ・サンダー・ロールス [ガース・ブルックス カヴァー]

【メンバー】
フィル・ラボンテ(ヴォーカル)
オリ・ハーバート(ギター)
マイク・マーティン(ギター)
アーロン・パトリック(ベース)
ジェイソン・コスタ(ドラムス)

◆オール・ザット・リメインズ『マッドネス』オフィシャルページ
この記事をツイート

この記事の関連情報