ELO、べヴ・ベヴァンはロックの殿堂式典を欠席

twitterツイート

今年、エレクトリック・ライト・オーケストラのメンバーとしてロックの殿堂入りするベヴ・ベヴァンは、スケジュールの都合で4月にNYで開かれる式典に出席できないそうだ。

◆エレクトリック・ライト・オーケストラ画像

ベヴァンは先週、「残念ながら、UKでツアー中のため、ELOのロックの殿堂入りに出席できない」とのメッセージをFacebookに投稿した。「チケットはしばらく前に売り切れており、(殿堂入りの)知らせがあったとき、変更するには遅すぎた。ロイ、ジェフ、リチャードにまた会えたら素晴らしかったのだが」

「それに、ELOをこれだけ魅惑的なものにしたという点で認められるべきだと思う他のメンバーの名前も挙げておきたい――特に、Mik Kaminski, ヒュー・マクダウェル、Melvyn Gale、故Kelly Groucutt」

「ロックの殿堂の一部になれたことは本当に名誉だ」と、ファンへ感謝の言葉を述べた。

ELOは、ベヴァン、ジェフ・リン、リチャード・タンディ、ロイ・ウッドの4人が殿堂入りする。

セレモニーは4月7日にNYで開催。今年は、ELO、ジョーン・バエズ、ジャーニー、パール・ジャム、トゥパック・シャクール、イエス、ナイル・ロジャース(Award For Musical Excellence)が殿堂入りする。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報