冠徹弥、“メタル”の聖地・佐渡金山でシャウト。佐渡の魅力をヘヴィメタルで

twitterツイート

THE冠の冠徹弥、Mary's BloodのSAKIらが参加した新潟・佐渡島の観光PRムービー「SADO METAL」が公開されている。

◆「SADO METAL」動画

かつて日本最大の金銀山として金を産出した佐渡金山を擁する佐渡。今回公開された「SADO METAL」は、鉄の2.5倍、アルミの7倍の重さを持つ“ヘヴィなメタル”である金にちなんで、ヘヴィメタルをモチーフとした日本初の地方PR動画となっている。

冠徹弥を“SADIST冠”としてヴォーカルに迎えたオリジナル楽曲には、ギタリストとしてSAKI(Mary's Blood)も参加。PRムービーでは“SADIST冠”とともに、ベーシスト“いごねりのSTAR”、ギタリスト“おけさのJOE”、ドラマー“竜王洞の松”の3人のバンドメンバーが、佐渡金山や北沢浮遊選鉱場跡、小木港のたらい舟の上といった佐渡の名所で熱演を繰り広げる。





寒風吹きすさぶ佐渡で丸3日をかけて撮影されたという同PRムービー。冠徹弥は撮影後のインタビューで、次のように語っている。

   ◆   ◆   ◆

■冠徹弥 撮影後インタビュー
──初めての佐渡の印象

衣裳のせいもあるが、とにかく寒かった! 想像していたよりずっと大きかった! 見どころがいっぱいで、全部は堪能できなかった。また、プライベートでゆっくり回りたい。

──印象的だった場所、PVの見どころについて

たらい舟も楽しかったし、北沢浮遊選鉱場跡もかっこよかった。悩むけど、いちばん印象に残ったのは、尖閣湾! 映画みたいな、波の迫力がとにかく凄い。見どころは、何といっても俺たちの本気の、アホみたいなパフォーマンス!

──PV出演を決めた理由

メタルを二十数年間背負ってきた自負があり、絶対にやりたい、他の人にはやらせたくない!と思った。このPVをきっかけに、佐渡島とメタルの面白さを、よりたくさんの人々に知ってもらえたら嬉しい!

   ◆   ◆   ◆


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報