vivid undress、自主レーベルより再出発作『ENDLESS』リリース

ツイート

下北沢を拠点とする5人組バンド・vivid undressが自主レーベル・MONOLITHIC RECORDINGSの立ち上げを発表。7月5日に同レーベルより3rdミニアルバム『ENDLESS』をリリースする。

◆「ウララ」ミュージックビデオ

本作は2016年5月に発表したミニアルバム『Prevail』以来、約1年ぶりとなる作品。楽曲制作・レーベル運営・マネージメントを5人のメンバーで分業し、“MONOLITHIC=一枚岩”となってリリースまで辿り着いたという。収録曲すべてを初セルフプロデュースで制作し、アルバムタイトルには様々な逆境に負けずに、“終わらない。進んでいく。続いて(続けて)いく”という意思が込められている。

また、収録曲より春の切ないラブソング「ウララ」のミュージックビデオが公開された。こちらは下北沢の街を切り取り、歌詞の内容とリンクした作品に仕上がった。

さらにバンドは『ENDLESS』を携えて7月より全国ツアーを開催。9月14日東京・TSUTAYA O-Crestにてツアーファイナルを迎える。


■vivid undress コメント

所属事務所から突然の閉店宣言を突きつけられた、昨年7月。
それでも、どうしても前作から1年以内に、新たな音源を届けたいという気持ちだけで、右も左も分からないまま動き出した昨年末。

所属事務所のマネージメントに頼らない、レーベルがないなら自分達で作る。
選んだ道は想像以上に険しく、音源1枚をリリースするにあたり、今迄ごく当たり前だと思っていたことに、ひとつひとつこんなにも手がかかり、たくさんの方々の力添えがあって成り立つものだと、改めて知る事が出来ました。

それはvivid undressにとって、とても大きな財産となりました。
今では、想いを表現していくこと、星の数ほどいるバンドやアーティストと、時に戦っていくことへの糧となっています。

しかしながら我々の挑戦はまだ、始まったばかりです。

これからどんなことと出会えるのだろう?
それは私達にとって何をもたらすだろう?

楽しみも不安も両方あります。

が、その一歩一歩を、
応援してくれる方々、近くで支えてくれるスタッフと共に、噛みしめ楽しみながら歩んでいこうと思いますので、今後ともvivid undress、並びに、MONOLITHIC RECORDINGSをよろしくお願い致します。

3rd mini Album『ENDLESS』

2017年7月5日(水)発売 
レーベル名:MONOLITHIC RECORDINGS
MNLT-1001 ¥1,481+税

<vivid undress 3rd mini album "ENDLESS" release tour>

7月13日(木)東京・下北沢SHELTER
7月26日(水)愛知・池下CLUB UPSET
7月29日(土)新潟・CLUB RIVERST
8月20日(日)熊本・B.9
8月22日(火)福岡・Queblick
8月23日(水)鳥取・米子AZTiC laughs
8月24日(木)大阪・北堀江club vijon
9月3日(日)茨城・mito LIGHT HOUSE
9月14日(木)東京・TSUTAYA O-Crest

この記事をツイート

この記事の関連情報