スピッツ「渚」、「NexTone Award 2017」Gold Medalを受賞

twitterツイート

去る3月29日、音楽産業の更なる振興を目指し、音楽著作権管理事業者である株式会社NexToneによって新たに創設された「NexTone Award(ネクストーン・アワード)」の初めての表彰が行われた。

「NexTone Award」は、前年の1月から12月までの1年間の中で、NexToneが著作権管理する楽曲の中で、著作権使用料分配額上位作品の著作者・音楽出版社と、NexToneが手がけるデジタルディストリビューション事業(音楽配信アグリゲーション事業等)やキャスティング事業(ライブビューイング等)で大きな実績・話題を創出したプロジェクトを表彰するというもの。記念すべき第一回となる「NexTone Award 2017」では、スピッツ「渚」、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「J.S.B.DREAM」、浦島太郎(桐谷健太)「海の声」の各著作者・音楽出版社に、それぞれGold Medal/Silver Medal/Bronze Medalが、THE YELLOW MONKEYのTYMS PROJECTに特別賞が授与された。


「NexTone Award 2017」

■Gold Medal「渚」
・著作者:作詞・作曲 草野正宗
・音楽出版社:有限会社ロードアンドスカイ音楽出版
・アーティスト:スピッツ

■Silver Medal「J.S.B.DREAM」
・著作者:作詞・作曲 STY
・音楽出版社:エイベックス・ミュージック・パブリッシング株式会社
・アーティスト:三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

■Bronze Medal「海の声」
・著作者:作詞 篠原 誠/作曲 島袋 優(BEGIN)
・音楽出版社:株式会社アミューズ
・アーティスト:浦島太郎(桐谷健太)

■特別賞 THE YELLOW MONKEY
・プロジェクト名:TYMS PROJECT

「NexTone Award」を創設した株式会社NexToneは、2001年に施行された著作権等管理事業法によって登場した株式会社イーライセンスと株式会社ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)の2社が昨年の2月に合併統合して出来た著作権管理事業者で、それまで長らくJASRACが独占していた音楽著作権管理事業に新規参入を果たした企業だ。ネット時代における健全な音楽著作物の利用とアーティストへの権利分配をガラス張りにした運営方針は、アーティストやマネージメント/関係各社からも高く評価され、多くのアーティストがNexToneに自らの音楽作品の管理を委託する状況となっている。

著作権の管理運営という業務の特質を受け、今回創設された「NexTone Award」も表彰されるのは著作権使用料分配額が最も多い作品が対象となり、顕彰されるのはその著作者及び音楽出版社となる点も、メディアや音楽団体が主催する一般的なアワードと一線を画するポイントだ。見識者や博識者による選出ではなく、NexTone管理下における“最も聴かれ流され愛された作品”という実績に基づくものとなる。

めでたき第1回目のGold Medalに輝いたスピッツ「渚」の作詞・作曲者である草野マサムネは、30年の活動における音楽人としての喜びについて以下のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

今年、スピッツは結成30周年を迎えます。30年の間には音楽を取り巻く環境も色々と変化してきました。その中で自分も音楽人として学ばせてもらいつつ、現在も常に新しい作品を作ることに熱意を保ちながら活動できています。それは、この「渚」のように、かなり昔にリリースされた楽曲を今なおCMに使っていただいたり、メディアでオンエアしていただいたり、カバー曲として取り上げていただいたりというある種の「ご褒美」が大きな励みになっていたりもします。ミュージシャンだけの力ではなく、音楽に携わる様々な方の熱意に支えられて今があると改めて感じます。ありがとうございます!

草野マサムネ(スピッツ)

   ◆   ◆   ◆



1996年という20年も前の作品が今こうやって表彰されるのは、今も昔も変わらずに人々の心を打つ作品の素晴らしさを示すものでもある。時代が変われど優れた作品は再度脚光を浴びることを「NexTone Award」が証明してくれたかたちだ。そして、草野マサムネの発言からもアーティストにとって大きな励みになることがよく分かる。ちなみに2016年に「渚」が1位を獲得した背景には、SUBARUフォレスターのCMソングとして起用されたのが大きなきっかけになっており、一気に世代を超えて作品が広く愛されることとなった。素晴らしいメロディは、いつの世も時代を超えて愛され続けるというわけだ。


草野マサムネには記念のメダルが手渡され、あわせて草野マサムネの手形鋳造プレートが製作された。プレートはNexTone本社ロビーに掲示されるものだが、2017年4月5日~19日まで、渋谷HMV&BOOKS TOKYO 6F特設スペースで展示されるので、是非ともその手形をチェックしてみて欲しい。

なお、「NexTone Award 2017」特別賞には、THE YELLOW MONKEYの「TYMS PROJECT」が選出された。華麗なる復活とともに、積極的な楽曲配信展開とライブビューイングをはじめとしたデジタル施策の総合的な実績/話題が高く評価された。

草野マサムネ写真
写真:内藤順司
スタイリスト:横田大樹(MASAKA株式会社)
ヘアメイク:島徹郎(有限会社juice&juicy)



▲STY


▲島袋 優


▲THE YELLOW MONKEY

「NexTone Award 2017」
主催:株式会社NexTone
協賛:株式会社エムオン・エンタテインメント、KKBOX Japan合同会社、株式会社第一興商、株式会社レコチョク、株式会社ローソンHMVエンタテイメント※社名50音順

◆「NexTone Award 2017」オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報