4月15日および16日の2日間、千葉・幕張メッセにて<THE GREAT ROCK'N'ROLL SEKIGAHARA 2017>と題した“対戦型”フェスが開催される。これは、初日15日に氣志團主宰フェス<氣志團万博>とVAMPS主宰フェス<VAMPARK FEST>とのガチンコ対決「~氣志團万博 vs VAMPARK FEST~」、翌16日に10-FEET主宰<京都大作戦>と<氣志團万博>による合同フェス「~万博大作戦日本シリーズ~」を行うというもの。先ごろ首謀者の氣志團 團長・綾小路 翔のインタビューを公開したが、これを受けるカタチで取材を行なった10-FEETがおもしろい。

◆10-FEET 画像

“対戦型フェス”とはいえ、10-FEETも氣志團も互いに共通のバンド仲間が多いだけに、“合同フェス”的な意味合いが強いものとなると思っていた。しかし、チーム分けの具体的な話になると、「氣志團よりも僕らのことが好きだからじゃないですか?」など、好戦的な発言も飛び出して笑わせてくれるあたりは、さすが。開演前からすでに笑いの場外戦が繰り広げられて、開催当日、何が起こるかわからない期待感がビンビンだ。

10-FEETと氣志團は2017年、共に結成20周年を迎える。結成10周年にスタートした10-FEETの<京都大作戦>は今年記念すべき10回目となる。同フェスに関しては團長自身、「“<氣志團万博>をこうしたい”って、いまだに参考にして追いかけているフェスです」と憧れを隠さない。両者の経験も実績も、友情もライバル心もすべてがミックスされて行われる「~万博大作戦日本シリーズ~」について、10-FEETの3人に訊いたインタビューをお届けしたい。ちなみに、10-FEETチーム“10・リーグ”に参加する藤井フミヤ。10-FEETのコアファン以外には、“なぜフミヤさんが参戦???”かもしれないが、これが要注目なのだ。

   ◆   ◆   ◆

■僕は<氣志團万博>のステージ上で
■カツアゲされましたからね──KOUICHI

──<氣志團万博>を2012年から毎年恒例のものとしてシリーズ化するにあたり、團長は何かと<京都大作戦>を参考にしたらしいんです。ところが今回、下克上とも呼べる事件が勃発ですね。<京都大作戦>を主宰する10-FEETに、團長から突如、“挑戦状”が叩きつけられたという?

TAKUMA:え!?……挑戦状?。あ、なるほど、そういうストーリーですね(笑)。いや、ビックリしましたよ、挑戦状なんてものが届けられて。

──思わずイラッときて?

NAOKI:イラッとはこないです(笑)。

▲TAKUMA(Vo&G)

──そういえば、10-FEETは全16本の熱い全国ツアー<“ヒトリセカイ×ヒトリズム”TOUR 2017>を昨晩終えたばかりなのに、今朝7時まで呑んでたらしいですね。明け方には團長も合流したということですけど、両者は深い仲ですもんね。

NAOKI:そう…です(笑)。翔くんとはちょこちょこ会うんで、べつにイラッとはこない。それにダブルキュレーターみたいなフェスは今まで一度もなかったんで、これはおもろいことになりそうだなと。

TAKUMA:<氣志團万博>は2012年以降継続していて、僕らも最近は毎年呼んでいただいてますけど、翔やんは最初のころ、いろいろ大変やったと思うんです。

──今も赤字らしいです。つまり黒字側の<京都大作戦>、赤字側の<氣志團万博>という対抗戦みたいな様相ですが、それはそれで最高のコントラスト。

TAKUMA:というか<氣志團万博>は、キャパ10万人規模でやらないと元が取れないぐらいやと思う(笑)。でも、氣志團も自分達が主宰するフェスを何年かやって、“開催するにはこんなに大変なんや”ってことを掴みかけてきたというか。もちろん僕らもまだまだ手探り状態で分からないこといっぱいあるし、答えが出てないこともあるけど。

──なるほど。

TAKUMA:でも、ちょっと地に足がついてきたところで、“<氣志團万博>の進化版は何だろう?”と思ったとき、開催場所や内容を変えたりとか、他にいろいろな方法もあると思うんですね。そこで、“フェス同士のコラボ”を選んで、翔やんは10-FEETに声を掛けてくれたんかなと思ったんですけど、それは率直に嬉しかったですよ。

KOUICHI:昨年の<氣志團万博2016>に出たとき、僕はステージ上でカツアゲされましたからね(笑)。それ以来、氣志團に会うときは財布は家に置いてくことにしてます。今回もそのつもりです。

▲<氣志團万博2016 ~房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル~>2016年9月18日@千葉県・袖ケ浦海浜公園

──ツッパリ、怖いですよね。10-FEETには氣志團以外のツッパリとのトラウマもあるんですか? NAOKIは学生時代にツッパリとバンドやってましたね、確か。京都の族、ブンブン・ブランコもやってたんでしたっけ、そのツッパリの先輩。

NAOKI:よう覚えてますね、懐かしい(笑)。

TAKUMA:でも名前がちゃう、ボンボン・ボイスやって(笑)。

KOUICHI:ボンボン・ボイスをブンブン・ブランコって(笑)。ありそうなバンド名やけど(笑)。

TAKUMA:ジワるな、その話(笑)。僕が行ってた学校はツッパリだらけやったんで、一時期、毎日のようにどつかれたりしてましたよ。蹴られたりとか。ヤンキーじゃないヤツは、全員、そういう被害を受けるような学校だったから。氣志團みたいなリーゼントも何人かいましたよ。

KOUICHI:少なかったけど、何人か希少動物ぐらいに。2人ぐらい学校におったかな。

NAOKI:僕の学校にはリーゼントはいなかったな。

TAKUMA:個々で接触したときは被害もあったけど、そうじゃないときはみんなの笑いを取ったりして、おもしろいなとは思ってましたけどね。朝礼とかでおもしろいこと言って、全校生徒を笑かしたり。

──今回はおもろいツッパリからの挑戦状とも言えそうですね。

TAKUMA:まさに。

◆インタビュー(2)へ