全米アルバム・チャート、ザ・チェインスモーカーズが初登場1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、2015年以降「Don’t Let Me Down」「Closer」など5曲のトップ10シングルを生んだザ・チェインスモーカーズの待望のデビュー・アルバム『Memories...Do Not Open』が、初登場で1位に輝いた。

◆ザ・チェインスモーカーズ画像

先週スタートしたツアーのチケットとのセット販売(一部日程)も功を成したという。『Memories...Do Not Open』はBillboard 200だけでなく、トップ・ダンス/エレクトロニック・アルバム・チャートでも1位を獲得。同時期に両チャートのトップを飾るのは、レディー・ガガの『ARTPOP』以来3年半ぶりとなる。

先週まで3週連続で1位だったドレイクの『More Life』は2位に後退。エド・シーランの『÷』も2位から3位へ1ランク・ダウンした。

今週は、ザ・チェインスモーカーズのほか、パズドラのCMで絶妙なハーモニーを披露中のペンタトニックスの新EP『PTX Vol.IV - Classics』が4位、ラッパーJoey Bada$$のセカンド『All-Amerikkkan Bada$$』が5位、ファーザー・ジョン・ミスティの『Pure Comedy』が10位に初登場している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報