今年6月のさいたまスーパーアリーナでの公演を最後に解散することを発表している℃-uteが、グループ最後の海外単独公演となるライブを2017年4月13日にメキシコで、4月16日にフランス・パリにて開催した。

◆℃-ute メキシコ/フランス公演 画像

ハロー!プロジェクトのグループに対して、海外にどれだけ熱いファンがいるかご存知だろうか。モーニング娘。が2008年に行なった初の台湾公演から海外展開が広がり、2010年代初頭には既にその熱がヨーロッパにまではっきりと伝わっていた。℃-uteが初めての海外単独公演を経験したのは、追って2013年のフランス・パリ。この渡仏で同年の<JAPAN EXPO>にも名誉ゲストとして出演し、現地ファンの文字通り熱狂的な歓迎と声援を受けた。さらに2年後にはメキシコにも初進出し、現地ファンを大いに湧かせている。

そんな℃-uteが2017年6月での解散を発表し、海外ラスト単独公演の場として選んだ2会場。4月13日のメキシコ「SALA CORONA」(サラコロナ)で開催された<℃-ute Cutie Circuit 2017~¡De vuelta a México!~>にはコンサート開始の6時間近く前から多くのファンが入口付近に集まった。メキシコ以外にもアメリカ・イギリス・ベネズエラ・コロンビア・チリ・ボリビアなど世界各地のファンが列に並ぶ。ライブ開演時には約1,000人のファンで会場が溢れかえらんばかりの勢いとなった。



会場に℃-uteコールが巻き起こる中、いよいよ開演時間。ステージに登場した℃-uteはファンから押し寄せる膨大な熱気と歓声に応えるかのように、1曲目から鍛え抜いたパフォーマンスで「まっさらブルージーンズ」を披露しオーディエンスを盛り上げる。続く「FOREVER LOVE」「悲しき雨降り」の後には、メンバーからスペイン語での自己紹介MCも行われた。(このメキシコ公演ではMCのほとんどがメンバー自身によるスペイン語で行われている)

また、先日3月29日に発売されたニューシングル曲「The Curtain Rises」の現地初披露も現地ファンにとっては堪えられない経験だ。℃-uteがメキシコでの単独公演を行なうのはこれが2度目となったが、前回公演でも披露された「The Middle Management~女性中間管理職~」はOL衣装でクールに決め、さらに「Crazy 完全な大人」「夢幻クライマックス」「情熱エクスタシー」と緊張感のあるビートでオーディエンスのボルテージを底上げしていく。

中盤ではしっとりしたパートで聴かせることも忘れない。「ありがとう~無限のエール」から「君は自転車 私は電車で帰宅」など、温かさと切なさが入り交じるパートでは現地ファンが℃-uteにあわせ、日本語で歌詞を大合唱。これには℃-uteメンバーも思わず感動の表情を見せていた。また、ここで衣装チェンジを兼ねたファンとのプレゼント抽選会も行われ、真っ赤な衣装に様変わりしてライブは後半戦へ。

℃-uteのメジャーデビュー曲である「桜チラリ」、そしてインディーズ期の「大きな愛でもてなして」と、前回メキシコ公演でも人気の高かった楽曲がここでも披露。中島早貴のスペイン語による「ラストスパート行くよ!」という煽りから、最後は一気に「都会っ子純情」「悲しきヘブン」「Kiss Me 愛してる」と鉄板ナンバーを立て続けに披露。本編ラストは℃-uteの人気曲にしてラストシングル曲「ファイナルスコール」を届け、ステージを終える。

残り少ない時間を惜しむように℃-uteコールが起こり、ウェーブが発生する中、アンコールを飾ったのは「Danceでバコーン!」。現地ファンにも待望だったこのナンバーで、会場の一体感は最高潮に高まる。

そしてアンコールのMCでは、先日発表されたJuice=Juiceの海外公演の話題に。リーダーの矢島舞美が「私たちの可愛い後輩のJuice=Juiceがメキシコに来ちゃいます!みんな楽しみに待っててね!」と告げると、会場からは大きな拍手があがった。ハロー!プロジェクトとメキシコとの繋がりは、これからも続いてゆく。

℃-uteのメンバーは、最後に現地ファンに向けて直接言葉を送る。

矢島舞美「今日のコンサートを楽しみに待っていてくれて、本当にありがとうございます!」
中島早貴「再びメキシコに来れて嬉しいです!暖かく迎えてくれてありがとうございます!」
鈴木愛理「みなさんのお蔭でとても素敵なコンサートになったと思います!ありがとう!」
岡井千聖「6月に℃-uteは解散しますが、今日のコンサートのことは一生忘れません!」
萩原舞「℃-uteはメキシコの皆さんのことが大好きです!」

「みんなもTeam℃-uteの一員です!メキシコ最高!みんな最高!みんな愛してる!」と℃-uteの5人が叫ぶと、会場からは感極まった歓声が湧き起こった。アンコールラストの「JUMP」では℃-uteのメンバーとファンが足並みを揃え、一斉にジャンプ。1度しかない思い出をメキシコの地に刻み込み、この日のライブは終了した。

メキシコで熱烈なライブを繰り広げた℃-uteは、続いて海外最後の単独公演となるフランスへと向かう。

◆次のページへ(フランス公演レポート)