川上大輔が4月27日、都内で開催された“海外ドラマ・ナンバー1”を決める<第3回海ドラアカデミー賞>の記者発表および最新作品上映会に「海外ドラマ・プレゼンター」として登場した。

◆イベント画像(全4枚)

イベント翌日の4月28日は、海外ドラマ作品を日本で提供する放送事業者とパッケージ事業者による合同プロジェクト「海外ドラマを見よう! 実行委員会」により2013年に制定された「海外ドラマの日」。今回のイベントは海外ドラマファンへの感謝デーと位置付けて開催された。

1日1本は海外ドラマを見るという川上だが、きっかけは高校時代にレンタルビデオ屋でたまたま借りた『24』にはまってしまったことだという。最近では『ウォーキング・デッド』もお気に入りだそうで、海外ドラマについて「次が観たくなる中毒性がある」「お金のかけ方が半端じゃない。人気作になると1話作るのに大体3億かかる」などとトークを展開した。

また、海外ドラマの金字塔『24』のワンシーンから、主人公ジャック・バウアーのアテレコに挑戦することになり、川上は「ハイトーンなジャック・バウアーということで、大目に見てもらいたい」と予防線を張って自身初となるアフレコにトライ。その言葉通り「トニー、止まれ! 動くな!」とハイトーンボイスで叫んで会場を沸かせ、「可愛すぎるジャック・バウアーでしたね」と照れながらも、「アテレコは難しいけど、楽しい。いい経験をさせていただきました。元々アテレコにすごく興味があったので、もし仕事の依頼があればやりたい。ハイトーンなので、子供や女性の声もいけるかも」と意欲を見せた。

プレゼンター授与式では、28人の海外ドラマ・アンバサダーの女性たちからカーネーションを1本ずつ手渡された川上。一人ひとりに丁寧な握手で応え、「海ドラプレゼンターになれて光栄。こんな大役をいただけるとは思いもしなかったので、とりあえず親に自慢します」と会場を笑わせ、「今後も海ドラプレゼンターとして、あまり海ドラを知らない方々にも(海ドラを)普及させたい」と抱負を語った。




New Single「人魚のように」

2017年4月12日(水)発売
[CD タイプA]
CRCN-8045 / 1,300円(税込)
1.「人魚のように
2.君は僕の半分
3.みだれ髪(原曲:美空ひばり)
4.人魚のように(オリジナル・カラオケ)
5.君は僕の半分(オリジナル・カラオケ)

[CD タイプB]
CRCN-8046 / 1,300円(税込)
1.人魚のように
2.君は僕の半分
3.心の瞳(原曲:坂本九)
4.人魚のように(オリジナル・カラオケ)
5.君は僕の半分(オリジナル・カラオケ)