【イベントレポート】傳田真央、ファンとデュエットも披露し特別な夜となったカラオケイベント

ツイート

◆ミニ・インタビュー

――おつかれさまでした!今日の感想を教えてもらえますか?

傳田真央(以下、傳田):すごく楽しかったです!最初は、私もお客さんもみんなで緊張しちゃって、どうなっちゃうのかなって心配してたんですけど、最初の1曲が終わったらみんなすごくスイッチが入って、緊張している人も歌い出したらグイグイと歌い出してくれたりして(笑)、逆にみなさんのパワーのおかげで私もすごくリラックスして、知らず知らずのうちに楽しんじゃいました。

――色んなファンミーティング的な企画をこれまでも行っていらっしゃると思うのですが、こういうイベントは初めてですか?

傳田:そうですね。こういう風にファンのみなさんとカラオケでデュエットするなんて、本当に夢のような企画で。初めての体験でした。

――Twitterに書いていらっしゃいましたけど、応募されたすべての方の歌唱を見たり聴いたりしたようですね。

傳田:そうなんですよ。自分の歌をみなさんがどんな風に歌ってるのかっていうことにすごく興味があったので、一度全部見たいと思って、応募してくだったみなさん全員の音源と映像を見せてもらいました。

――みなさん、本当にお上手でしたよね。

傳田:本当に、傳田ファンのみなさんは音楽レベルが高い方が多くて。自分もそんなにテクニックが上手なシンガーではなくて、わりと世界観というか雰囲気を普段から大事にしているので、「歌って人が出るなぁ」って、応募したみなさんの歌を聴いていて思ってツイートもしたんですけど、今日は改めてそう思いました。みんなでカラオケに行って歌声を聴いたり、どんな歌い方をするのかを見たりすると、人同士ってすごくわかり合える気がしますよね。普段は自分がステージの上で1人で歌っていますけど、こうしてカラオケっていうものを通すと、歌でのコミュニケーションを取れるっていうことをたくさん感じられた時間でした。

――先ほどテクニックという言葉がでましたけど、今日の参加者の方はみなさん自分のキーに調整して歌っていたわけで、それに合わせて全部の曲でハーモニーをつける傳田さんのシンガーとしてのテクニックってすごいなって感じました。

傳田:テクニックあります?(笑)今日は私も全部アドリブなので、何も練習してきてないんですけど、歌う人の雰囲気を見させてもらって、その人の心を一回感じて、それに導かれるようにハモった感じだったので、一緒に歌ってもらうお相手によって引き出されるものもあったりして、すごく面白かったです。

――全員個性的でしたけど、とくに印象に残った方を挙げていただけますか?

傳田:「じゃあね。」を歌ってくださった男性の「どんちゃん」さんですね。ちょっと不器用そうな方ですごく緊張されていて。前の方がすごく上手な方だったので、「緊張します」なんて言ってたんですけど、一生懸命歌ってくれました。やっぱり歌い始めると心が開放されて行くので、歌う前の緊張と歌い終わった後の開放感というか、良い意味でギャップを感じた方で、すごく印象的でしたね。

――カラオケで傳田さんの曲を歌いたい方のために、歌うコツやポイントがあれば教えてください。

傳田:「傳田の曲むずかしい」ってよく言われますね。メロディの音域がすごく広かったりするので、私自身も「なんでこういう曲作っちゃったんだろう」っていう曲もいっぱいあるんですけど(笑)。結構、私は“顔で歌う”ので。例えば、音程が定まらないときには、目線を定めるんです。「ああ、どうしよう」って目線がブレてたりすると、音程もブレるので。あとは、がんばらなきゃ出ないような高いキーのときは、体を力んで頑張るんじゃなくて、顔を大きく動かして歌ったり。あとは歌詞の主人公になりきっておおげさに。もし声が聴こえなかったりしても顔だけ見てるだけでその歌詞のストーリーがわかるくらい、顔で歌うというか(笑)。それがポイントかなって思います。

――なるほど、いかに顔をエモーショナルにして歌うか、という(笑)。そうすることで口も大きく開いて声も出るわけですね。

傳田:そうなんですよ。だからピッチとかリズムとか、テクニック的なところを気にして歌うよりは、雰囲気から入っていくと自然とそういうテクニックは後からついてくるかなって思いますね。“歌詞の主人公になりきって顔で歌う”これですね。

――ではこの記事を読んだ傳田さんファンの方は次からカラオケに行くときには参考に歌っていただけたらと。

傳田:そうですね、友だちにひかれないようにだけ気を付けてください(笑)。


――4年ぶりのアルバム『Love for Sale』が3月8日に発売されましたが、どんな作品になりましたか。

傳田:大人女子的なラブソングがたくさん詰まった1枚になっています。けっして派手ではないんですけど、上質な大人のラブソングを書き上げられたかなって思っているので、仕事に疲れた帰り道とか、恋愛とか結婚に思い悩んでいる大人女子のみなさんとかに聴いてもらいたいです。「結婚ってしなくちゃいけないものなの?」とか色々悩んでいる方もいらっしゃると思うんですけど、4年ぶりということで、前作まではアラサーって言っていた私もアラフォーになりまして、結婚とか恋愛観とか“Love”についての考え方・価値観も変わってきていて、そういうものも歌詞に込められています。みなさんそれぞれ、歌を通して色々感じてもらえれば嬉しいです。

――ツアーが5月11日大阪からスタートして27日には横浜で関東公演も行われますね。そして先ほどステージ上で6月18日(日)に長野 CLUB JUNK BOXでツアーファイナルを行うことが発表されました。

傳田:地元・長野での初ワンマン・ライブになります。イベント出演とかはあったんですけど、アルバムのツアーとしてきっちりしたワンマンをやるのは初めてなんです。17年かかったんですけど。アルバムも約4年ぶりでアルバムツアーも久しぶりということで、本当にこのツアーをやることをずっと心待ちにして頑張ってきた4年間だったので、たぶん泣いちゃうと思います(笑)。みなさんも一緒にライブの感動を体験してくれたら嬉しいなと思います。17年分の思いを歌い切りたいとなって思ってます。

――長野 CLUB JUNK BOXは結構ロックなライブハウスですよね。

傳田:そうですね。都内でのライブではゆったりした「傳田会」っていうアコースティックなライブシリーズとかが多いので、久々のライブハウスですごく楽しみです。長野 CLUB JUNK BOXは私も学生時代に何十回と足を運んだライブハウスで、当時はすごくロックスターが大好きでロックバンドを観に行ってたんですよ。まさかそこに自分が立てる日が来るとは思わなかったので楽しみです。今回のツアーはライブごとに会場もそれぞれ違って、福岡はkawara CAFEさんでだいぶ距離も近いライブになるので、アドリブコーナーとかその場でリクエストしてもらって歌ったりとか、横浜公演はゆったりおしゃれな感じだったり、大阪のBillboard Live OSAKAはずっと目標にしていたところなので、思いっきりゴージャスな気持ちで歌いたいなと思ってますし、会場によってそれぞれ内容も違いますので、日本全国から全部観にきてほしいです。一緒にツアーを回りましょう(笑)。よろしくお願いします!

取材・文:岡本貴之

New Album『Love for Sale』

2017年3月8日(水)発売
CRCP-40499 / ¥2,593 +税
1.口紅
2.Love for Sale
3.たったひとつの夢
4.愛逢い傘
5.幸せの診断書 ~Check List~
6.卒業
7.大人の階段
8.一冊のラブストーリー
9.Bitter Sweet ('17 Piano session)
10.耳もとにいるよ…~Ring the bells~ ('17 Unplugged live)

ライブ・イベント情報

<Love for Sale"Live Tour 2017>
~大阪公演~
5月11日(木) Billboard Live OSAKA
~福岡公演~
5月14日(日) kawara CAFE&DINING FOWORD福岡パルコ店
~横浜公演~
5月27日(土) Motion Blue YOKOHAMA
~長野公演~
6月18日(日) 長野 CLUB JUNK BOX

この記事をツイート

この記事の関連情報