2007年の復活劇から満10年を経て、通算第8作目にあたる約2年ぶりのニュー・アルバム『J’aime La Vie』をリリースしたD’ERLANGER。早くも「名盤!」といった声が飛び交い始めているが、まさに“2017年のD’ERLANGERだからこそ作り得たアルバム”というべき今作にまつわるメンバーたちの個別インタビューを、BARKSではこれから全4回にわたってお届けする。

◆D’ERLANGER 画像

その幕開けを飾るのは、妖艶なたたずまいと熱烈な叫びを併せ持つフロントマン、kyo。彼には、<REUNION 10TH ANNIVERSARY-薔薇色の激情->と銘打ちながら去る4月22日に東京・豊洲PITで行なわれた10周年記念ライヴの感触、歌詞の紡ぎ手としての取り組み方などについて話してもらった。4人すべてのインタビューを読み終える頃には、アルバムの全容と現在の彼らの充実ぶりをご理解いただけるに違いない。

   ◆   ◆   ◆

■不器用なまでに性根を据えて
■このバンドで、という動き方をしている

──ずっと待っていた大きな節目が到来して、すでにそれが過去のものになりつつあります。実際のところ、どんな気持ちであの日のライヴを終えましたか?

kyo:気持ち良かったですね。10年という時間の流れの締めを迎えるというのは、そうそうない経験じゃないですか、考えてみると。しかも再結成からの10年。これはちょっと、今までではあり得なかったシチュエーションというか。そういう感慨みたいなものが、自分でも思っていた以上に大きかったんだな、というのを感じさせられました。変な話、ライヴの前夜とかも、やっぱりいつもの東京でのツアー・ファイナルの時よりも興奮してる自分を認識できていたんです。しかも当日、会場に入ってみると、今度はスタッフの気合の入り方も違うのを感じるわけですよ。すごく空気感が昂ってるというか、あらかじめ高揚してるというか。ただ、リハーサルとか進めていくうちに、いつもの4人の雰囲気というのに戻っていくんです。楽屋とかにいる時もね。そこは案外、普通だった。ところが実際ステージに出て、音が鳴った瞬間に、バンドのテンションの高さをすごく感じました。なんか自分のMCについても、いつもに比べると必要以上に喋っていただろうし(笑)。それこそ“BABY”の前のロスの話(前作のレコーディングでロサンゼルスを訪れた際のこと)とかは、実際ああいう話をしようと思っていたうえで喋ったんだけど、(ステーキを食べて)奥歯の詰め物がとれたなんていう話までしたのは、完全に予定外だったし(笑)。

▲<REUNION 10th ANNIVERSARY -薔薇色の激情->
2017年4月22日(土)@豊洲PIT


──まさかあんな話まで飛び出すとは思いませんでしたよ。それもあの日ならではの興奮に導かれたものだったというわけですね?

kyo:自分では普通にやってるつもりだったんだけども、実は妙に高揚してた部分があったというか。それをところどころで感じましたね。あの日のライヴが終わって、中打ちの挨拶があったり、観に来てくれたゲストたちと顔を合わせたりして、いい雰囲気のなかで打ち上げも終わって。そうやって1日が終わって家に帰ってきた時に、“ああ、やっぱりこの10年って大きなものだったな”と感じたし、この節目を迎えることができてホントに嬉しいなと思いました。

──kyoさんの歴史のなかで、何かが10年続いたことというのは……

kyo:BUGは10年続いたんですよ。ただやっぱり、メンバー・チェンジもありましたし、動き方も少しばかり違っていたというか。だからこうやって10周年を迎えたのはD’ERLANGERが初めてだ、という感覚のほうが強いですよね。

──しかもD’ERLANGERの場合、この4人じゃないと成立しないという性質がとても強いですよね。他の場がそうではない、という意味ではないんですが。

kyo:ええ、わかります。あと、すごく強く思うのが“このご時世にありながらの10年”ということで。バンド社会にもそういうものがありますよね。わりと、バンドを複数やるのが当たり前だったりする社会でもあるじゃないですか、今は。そういうところでの違いもすごくあるんじゃないかな。D’ERLANGERはこの時代にあって、不器用なまでに性根を据えて“このバンドで”という動き方をしている。そこでの意識の高さ、強さというのは……これはもう向かうところ敵無しですよね。ホントにそう思うんです。

──面白いものです。バンド社会の現状からすれば、二つや三つ掛け持ちするのがわりと普通なことになりつつある今、それと逆行するかのようにこの場にこだわっているわけで。

kyo:でもなんか、僕たちの育ってきた過去とかを考えるとすごくシンプルなこと、当たり前のことでもあるんです。普通に言葉に置き換えると、“潔さ”とかそういう言い方になるのかもしれないけども、そこまでカッコいい言葉を使うまでもなく、あくまでごく当然のことであって。だからこその強さなのかな、というのは感じます。だからホントに復活から10年を経て、この4人で同じ日を迎えられたこの気持ちというのは、一言でいえば感動ですよ。

──自分たちのやっていることで感動できる。最高じゃないですか!

kyo:うん。なんかわりと、あのライヴの当日をバタバタとした感じで迎えちゃったので、そこに至るまでのイントロダクションを楽しめる余裕はなかったんですけどね。実際、“あれ、ホントに明後日やるんだっけ?”みたいな感じではあったんです。まあでも、あんまりイントロダクションが長いよりも良かったのかもしれない(笑)。

◆インタビュー(2)へ