【ライブレポート】谷山浩子、果てしない深みを軽やかに体感させてくれた<デビュー45周年大収穫祭~>

twitterツイート

4月29日の昭和の日、東京国際フォーラム ホールCにて、<谷山浩子コンサート~デビュー45周年大収穫祭~>を聴いた。5年前にここで行われた40周年コンサートと同じく、多彩なゲストを招いた賑やかな構成でたっぷり3時間。可愛い曲、怖い曲、せつない曲、泣ける曲。谷山浩子の世界の果てしない深みを軽やかに体感させてくれる、素晴らしいコンサートだった。

◆谷山浩子~画像~

1曲目からいきなり、モンティ・パイソンの日本語訳カバー「偉大なる作曲家」で意表を突く。“偉大なる作曲家、死んで土の中”と、どう考えても記念コンサートに似合わない歌詞が、なぜか楽し気に聴こえる不思議。これが谷山浩子の世界。間接照明の柔らかい光がステージに溢れ、場内はぴりっとした緊張とふんわりとした和みが交錯する、独特のムード。

のっけから「記念のとは思えないほど代表曲が少ないです(笑)」と言って笑いを誘うが、谷山浩子の曲はある意味すべてが代表曲だ。シングルや人気曲はもちろん、カップリングやアルバムの隅っこの曲に至るまで、ひっそりとしっかりと世界観が息づいていて、どの曲も時を超えて心に響く。序盤はピアノ弾き語りで、出たばかりのアルバム『谷山浩子 45thシングルコレクション』から、「窓」「カントリーガール」「銀河通信」そして「風になれ~みどりのために」。「体の力を抜いてください。おうちにいるように楽な感じで」と言って歌う、懐かしい曲たちのなんと瑞々しいことか。


そして本日一組目のゲストは、昨年共演アルバムも作られた栗コーダーカルテット。助っ人にビューティフルハミングバードのタバティを加えた4人で、NHK『みんなのうた』でお馴染みの「そっくりハウス」「恋するニワトリ」を軽快に、「意味なしアリス」をちょっと不気味に、そして「ピヨの恩返し」をドラマチックに。谷山浩子はピアノを離れ、スツールに腰かけて歌に専念。リコーダー、アコースティック・ギター、ウクレレ、パーカッションなどの豊かな音色と、伸びやかでエアリーな歌声との相性は、言うまでもなく抜群だ。アコーディオンの石井AQも入った「猫のみた夢」では、ケルティックな笛の音色が遥かな旅情を誘う。谷山浩子の持つ陽性のメルヘン・サイドと、栗コーダーカルテットの音楽とが美しく溶け合って聴こえてくる。


第一部はちょうど1時間、15分の休憩時間を経て、第二部が始まった。谷山浩子は鮮やかな緋色の服からシックな黒の衣装に衣替え。アコースティック・ギターの岡崎倫典、シンセサイザーの石井AQと共に「まっくら森の歌」から「森へおいで」と、聴衆を深い森の中へと誘ってゆく。AQの奏でる幽玄なシンセが全体をまとめあげ、「Elfin」から「王国」へとつながる物語はまるで組曲のよう。「真夜中の太陽」では、心のこもった谷山浩子のピアノに呼応して、岡崎倫典がしなやかな指使いで素晴らしくエモーショナルなソロが聴けた。それは何十年もの共演を重ねてきたメンバーならではの、心通いあう楽器の会話だった。


コンサートはゆっくりと佳境へ向かう。斎藤ネコカルテット、通称ネコカルの登場だ。大作「第2の夢・骨の駅」で、不吉な重低音をたっぷりと響かせて奏でるその上を、オペラのように舞う谷山浩子の美しく伸びるハイトーン、そしてホラーな歌詞。一転して明るく弾む曲調で、しかし歌詞はやっぱり不気味な「満月ポトフー」と、谷山浩子のホラー・チューンにはネコカルの大胆不敵なアレンジがよく似合う。優しくスローな「きみの時計がここにあるよ」と、ぶっ飛んで軽快な「SAKANA-GIRL」と、あっちこっち飛びまくる曲を聴きやすく一つにまとめるのも、ネコカルのアレンジ力の貢献だろう。


フィナーレが近づいてきた。栗コーダーカルテット、岡崎倫典、石井AQを呼び込み、栗コーダーの栗原がエレクトリック・ベースを弾く、珍しい編成のオールキャストで奏でる楽曲は「向こう側の王国」と「キャンディーヌ」。ステージに11人もいるのに音はどこまでも優しく柔らかく、年輪を重ねるごとに軽やかなエアリー成分を増して、自然現象に近づいていくような谷山浩子の美しい声をしっかりと支えている。

「15歳でデビューした時に、将来のイメージはまったくありませんでした。20代の頃も、ゾラの『居酒屋』の主人公のように死ぬんだとずっと思っていましたが(笑)、まさか45周年コンサートをここでやっているなんて思ってもいませんでした。ずっと歌い続けていられたのは、みなさんが聴いてくれたおかげです。少しは恩返しができているといいなと思います」

たぶん何も用意していなかったであろうMCを、まっすぐに届けてくれた本日の主役に向けて贈られる盛大な拍手。ラスト・チューンは「海の時間」。長い長い地球の歴史に沿って歌われる、壮大で、それでいてちっぽけで愛おしいラブソング。素晴らしい音楽の夕べの最後を飾るのに、“ずっときみとこうしたかった”というリフレインほど、ふさわしい言葉はないとしみじみ思う。


アンコール。本日のオールキャストに加え、シンガーソングライターのnanami、相曽晴日、俳優の金子森、平川瑞穂、ディレクターのジョニーこと岡田純をコーラスに迎えた「終電座」は、まるで壮大なミュージカルのフィナーレ曲のよう。“帰るのやめませんか?”って、それアンコールで歌いますか?という歌詞が、楽しくて少しせつない。楽しい時間には終わりがある。

と思ったらもう1曲、楽しい時間に続きがあった。ダブル・アンコールで披露してくれたのは、最後の最後にふさわしいせつないバラードの「おやすみ」。「全員が無事におうちにたどりついてくださいね」という言葉を添えて、近いうちの再会を期して、デビュー45周年の大収穫祭は幕をおろした。収穫が終われば、そこにまた種が撒かれ、新しい歌が生まれるだろう。9月には、久々にオリジナル・アルバムをリリースすることをも発表された。谷山浩子の世界は広がり続ける。聴きたい曲は増え続ける。MCでは「たいしたヒット曲もなく」などと自虐していたが、ファンはみな知っている。45年間ずっと、谷山浩子の歌が僕らの心をヒットし続けていることを。

取材・文●宮本英夫

セットリスト

<谷山浩子コンサート~デビュー45周年大収穫祭~>
2017.4.29 @東京国際フォーラム ホールC
●セットリスト
1.偉大なる作曲家
2.窓
3.カントリーガール
4.銀河通信
5.風になれ~みどりのために~
6.そっくりハウス
7.恋するニワトリ
8.意味なしアリス
9.ピヨの恩返し
10.猫のみた夢
11.まっくら森の歌
12.森へおいで
13.Elfin
14.王国
15.真夜中の太陽
16.第2の夢・骨の駅
17.満月ポトフー
18.きみの時計がここにあるよ
19.SAKANA-GIRL
20.向こう側の王国
21.キャンディーヌ
22.海の時間
ENC.終電座
ENC2.おやすみ

リリース情報


『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』
2017年4月26日(水)発売
YCCW-10302~4 3,500円(本体)+税
Blu-spec CD2(3枚組み)
収録曲
1. 銀河系はやっぱりまわってる
2. 天使のつぶやき
3. お早ようございますの帽子屋さん
4. 夕暮れの街角で
5. 河のほとりに
6. 風を忘れて
7. 窓
8. ゲームの終わり
9. 忘れられた部屋で
10. 星のマリオネット
11. あやつり人形
12. 六月の花嫁
13. 風を追いかけて
14. 風の子供
15. カントリーガール
16. ミスティーナイト
17. 夕暮れの街角で
18. 今日は雨降り
19. ごめんね(初CD化)
20. あの子の愛した三毛猫
21. てんぷら☆さんらいず
22. おやすみ
23. サーカス
24. 地上の星座
25. たんぽぽ
26. ほうき星の歌
27. 風になれ-みどりのために-
28. なおちゃん
29. ラ・ラ・ルウ
30. O YA SU MI
31. DESERT MOON
32. 銀河通信
33. ブルーブルーブルー
34. メリーメリーゴーラウンド
35. 夕焼けリンゴ
36. ガラスの巨人
37. MAY
38. Pyun Pyun
39. 海の時間
40. 心だけそばにいる~HERE IN MY HEART~
41. ひとみの永遠
42. 会いたくて
43. 夜のブランコ
44. ひとりでお帰り
45. 同じ月を見ている
46. まっくら森の歌
47. 恋するニワトリ
48. ひとみの永遠(Original Karaoke)
49. 夜のブランコ(Original Karaoke)
50. 同じ月を見ている(Original Karaoke)

YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS商品紹介ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=906&artist_id=58

ライブ・イベント情報

<谷山浩子 放課後の音楽室~tico moon音楽部~>
6月3日(土) 開場17:00/開演17:30
東京文化会館小ホール
出演者:谷山浩子(vocal)
tico moon (吉野友加 ハープ・影山敏彦 ギター)
お問合せ:東京音協:03-5774-3030 http://t-onkyo.co.jp/

<谷山浩子 弾き語りコンサート2017>
7月1日(土) 開場17:00/開演17:30
横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール 4階ホール
http://www.salvia-hall.jp/

7月14日(金) 開場18:00/開演18:30
小金井 宮地楽器ホール 大ホール
http://koganei-civic-center.jp/
お問合せ:東京労音府中センター 042-334-8471 http://ro-on.jp/


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報