こんにちは。シンガーソングライターの藤田麻衣子です。

「藤田麻衣子の恋愛相談室」ということで、みなさんといろんな恋愛話がしたい!というこの連載。今回もたくさんのおたより、ありがとうございます。

前回はみなさんのおたよりから「幸せを選ぶ強さを持って。」について恋愛話をしました。

  ◆  ◆  ◆

ペンネーム:クロ(東京都/女性)

私は12歳の時に一目惚れをした男性に7年間片想いをしていました。

彼には当時、彼女がいて気持ちを伝えられずにいたのですが、私が18歳の時に彼女と別れた事を知り、私から告白をして付き合う事になりました。

初恋、初彼でとても幸せな時間を過ごしていたのですが、私の親がとても厳しい人で彼と別れろと言ってきたのです。でも私も彼も別れる気がありません。親が付き合う条件で提示してきた内容も一つも破る事なく彼は守ってくれました。

でも数ヶ月後、彼には別に女がいる事が分かりました。相手は仕事上、付き合いで行ったお店のキャバ嬢でした。別れ話を出したものの「キャバ嬢と別れるから私と別れる気はない」と言われました。

彼の言葉を信じて別れずにいましたが、付き合っている間そんな事が何度もあって、もう無理なのかな?って思ってた時期に彼から電話で呼び出されて、「お前より好きな女ができた、悪いけど別れて」って言われました。

正直、目の前が真っ暗になりました。何度裏切られても好きだったから。彼と何度も話し合った結果、4年半で別れる事になりました。

そして彼と別れてから1年近くが過ぎたある日、別の男性から告白をされて付き合う様になりました。

ですが、彼に「遊びに行って来る」とか「ちょっと出てくる」とか言われると「女と会うんじゃないの?」って不安で不安で堪らなくなります。彼がお風呂に入っている間に携帯をチェックした事もあります。彼を信じたいけど、どうしても信じきれないんです。そんな日が続いて、彼とは2ヵ月で別れました。

それから恋はしても、また信じられなかったら、傷付けてしまったらって考えたら怖くなって誰とも付き合う事ができなくなりました。

どうしようもないかもしれないですが、変える事が少しでもできたらと思っています。藤田さんがもし私と同じ立場になった場合はどうしますか?

★★★

藤田麻衣子

また誰かを好きになり、恋愛をするのがいいと思います。“次こそは!...ありゃ、だめだったわ...”でもいいじゃないですか。

トラウマを作った人が男なら、治せるのも癒せるのも男なんじゃないのかなあ...と読みながら感じました。

彼をそこまで信じようとがんばったのは、本当に、よくがんばりましたね。

何度裏切られても好きでも、もし相手の更生を願うなら、心を鬼にするときもあってもいいかもですね。そばにいるだけではなく、お灸を据えたりと...本気で彼を育てる...という向き合い方もひとつかもしれません。さっさと別れて新しい恋に行くのもひとつですしね。

次に付き合った人には、信じられなくて別れる前に、信じられないこと、傷つけること、傷つけられるのが怖いことを何度も何度も伝えてみては?それに耐えられない男性もいるだろうけど、とことん信じられるまで付き合ってくれる男性もこの世にはいますよ。二人で乗り越えれば、絆になります。

携帯は見ない方がいいかもー、彼があなたをどう思うかじゃなくて、あなたがあなた自身を信用できなくなるだけだと思いますよ。自分を責めながら過ごす時間はつらいですからね。

私なら、極端だからあまり参考にならないかもですが、100回不安になったら、100回彼にぶつけて100回大丈夫だよと言ってもらうかなぁ...(にごす人なら2週間持たないですけど...)携帯は見ないでおきます。見た瞬間から、私はその人との終わりを予感してしまうと思うから。たぶん100回に満たない間に、そこまで向き合ってくれる人ならだんだん信じられるようになります(笑)。

恋をしましょう。

  ◆  ◆  ◆

ペンネーム:夏目(大阪府/女性)

小学生の頃、本気で人を好きになったことがあります。私は中学受験に受かっていたので、卒業までには告白しようと思い、11月に告白しました。相手からの答えは、まさかのYesだったので、これ以上ないくらいの幸せを感じました。

ですが、小学校卒業間近の頃、突然相手の子が私を無視して来たんです。話し掛けても、睨まれて、舌打ちをされるばかりで。裏切られたような気持ちになった私は、病んでしまいました。なぜ彼がそんな態度をとったのかわからないまま、結局私の方から謝ったので仲は戻りました。

それから何事もなく小学校を卒業し、数年経った今でも、彼からの裏切り行為のせいで恋愛が怖いんです。ですが小学校を卒業してから、一度だけ、人を好きになったことがあります。

当時所属していた部活の先輩で、女性の方でした。彼氏さんもいらっしゃって、しかも高校3年生だったので、一緒に過ごす時間も少なく、私の恋も自然消滅ということになりました。ですがそのときに気がついたのは、私は女性でありながら、女性に恋をするということです。男の人を好きになったこともあったので、いわゆるバイセクシャルになるのですが、そのことをまだ両親に打ち明けられていません。その事実に気がついて以来、もう恋は絶対にしないと決意しています。

でも本当は、恋したいです。しかし、一歩が進めません。

こんな私でも、恋をしていいんだよと認めてください。

誰かに認めてもらえないと、そろそろ、壊れそうです。

★★★

藤田麻衣子

恋をしていいと思いますよ。

夏目さんはいろんなものを背負いすぎてるから、少し捨てると少しらくになれるかもしれないですね。

裏切られたような気持ちになったことは、もしもできるなら、“まだ子どもだったしな”...と、“裏切りとかじゃなかったのかもなぁ”と思ってあげられたら、夏目さん自身が少しらくになるかも。「裏切り」ではなく、「思春期」に置き換えるとか。

私も思春期は、傷つくこといくつもありました。もう今では忘れかけてたけど、そういえば10年以上あれはトラウマになってたんだろうなぁ...なんてこと、いくつも浮かびます。

ただ心が受ける衝撃は人それぞれで、測れないし比べられないから、夏目さんはきっとすごくすごく傷ついたんですね。

恋だけじゃなく、人間関係でも人は傷つきやすいし心に残るし、影響を受けてしまいますよね。

バイセクシャルの自分自身のことも、もしも責めてしまっている自分がいるなら、責める必要はありません。もう恋は絶対にしないって思ったけど、やっぱり撤回しよう...と、ゆるめてもいいのかも。

恋がしたいと書いてくれた気持ちが、素直な気持ちです。そのまま、進んでくださいね。

恋をして、傷ついても、過去の傷もこれからの傷も、いつか誰かに愛された時、誰かを愛した時に癒えると思いますよ。

まずは、誰かにじゃなく自分で、少しでも自分を楽にしてあげてくださいね。

◆  ◆  ◆

今回もたくさんのおたより、ありがとうございました!

おたよりはこちら↓までお願いします! できるだけ状況が詳しいと嬉しいです★

今まで送っていただいたおたよりに、今後お答えすることもあります。

---------------------------------
宛先:fujitamaiko@ve.jvcmusic.co.jp
件名:「藤田麻衣子の恋愛相談室」
(1)ペンネーム
(2)性別
(3)お住まいの都道府県
を本文中にお書きください。
---------------------------------

期限はいまのところありませんので、いつでもお送りください。