フラチナリズムとカラオケでコラボして韓国に行こう?

twitterツイート

5月22日(月)東京・五反田ビッグエコーにてフラチナリズムが「DAM★ともプレゼント企画」のためにDAM★とも動画撮影を行った。

この企画は5月17日にリリースされたフラチナリズムの2ndフルアルバム『ハーフ&ハーフ2』の発売を記念して行われるもので、フラチナリズムが撮影したDAM★とも動画に、コラボ撮影して応募すると最優秀賞の方に韓国旅行2日間の旅(2名1組)が、優秀賞には松阪牛(3名様)がプレゼントされるというもの。アーティストのカラオケ企画としては異例(というか謎)の豪華賞品が当たるという前代未聞の企画だ。さらに、歌唱のみの応募の場合は抽選で、後日都内某所で開催される「カラオケパーティー」(7組14名)及び6月24日(土)ディファ有明で行われるワンマン・ライヴに招待(5組10名様)される。

普段なら当選したファンとのカラオケパーティーのレポートをするところなのだが、この日は応募の元になるフラチナリズムのメンバーによるDAM★とも動画撮影を行うとのことで、今回はその制作ドキュメントをお届けしたい。

5月22日(月)午後、彼らが撮影を行う東京・五反田ビッグエコーにお邪魔してみた。カラオケルームに入ると早速フラチナリズムはスタッフとの打ち合わせ。久しぶりにカラオケに来たらしくテンションが高い様子のメンバーたち。「“あずさ2号”歌いたい、“あずさ2号”」と、しきりにカラオケ欲をアピールするモリナオフミ(Vo)。その様子をよそに本番に向けて準備を進めるメンバーたち。タケウチカズヒロ(Ba)、都築聡二(Dr)は楽器を持っていないものの、田村優太(Gt)はアコースティックギターを持参。コラボ動画用の撮影ということもあり、よりファンに本格的な歌唱を促すべく用意してきたようだ。


ハッピに着替えた4人は、まずは第一興商のスタッフによるDAM★とも動画の説明を受けながら、コラボする相手の位置を画面上で確認。「こうした方が歌う人は面白いんじゃない?」「ここは歌わないで空けておいた方が良いかも」など、丹念に打ち合わせするメンバーとスタッフ。そして真剣な表情でマイクチェックを行い「明日私は 旅に出ます♪」と歌い出すモリ。あくまでも「あずさ2号」を歌いたい。そんな欲求がひしひしと伝わってくるものの、今日のところはとりあえず自前の曲を歌ってほしい。そんな気持ちでスルーしたスタッフ一同の願いが通じたのか、準備を整えていよいよ動画撮影開始となった。


まず1曲目は「KAN&PAI -THE GENESIS-」。ライヴ魂全開でいきなりスイッチが入る4人。カラオケ画面に向かって立ち上がって歌うモリを田村がアコギで援護射撃、タケウチがマイクを握りコーラス及び賑やかしを、都築はタンバリンとエア・ドラムで盛り立てる(あとで訊いたら「あれはシャドーボクシング」とのこと)。まるでお客さんが目の前にいるかのように全力でカラオケ・パフォーマンスを繰り広げる4人。「ほら!歌えほら!」としきりに画面の向こうにいるであろうコラボ相手を煽るタケウチ。リハーサルで下ネタを連発していた人物と同じとは思えない熱いステージングに震えた。

歌い終わると全員で動画をチェックして大爆笑。「これは面白いね!」とメンバー全員満足そう。歌唱中、動画に映り込まないようにしていた記者からは歌っているモリの背後しか見えないため、モリの頭のプードル(ヘア)が激しくシェイクしている様しか確認できていなかったのだが、出来上がりを見たら納得のはっちゃけぶりだった。モリとタケウチがハッピを脱ぎ捨てて小橋建太vs佐々木健介ばりの激しいチョップ合戦を行うシーンもあるので必見だ(というか惑わされずに歌って欲しい)。2曲目に撮影したのは「やってらんねえ」。これまた本気のパフォーマンスを魅せる4人。ところが、途中文字通り「やってらんねえ!」とばかりにモリが突然、カラオケルームを退室!?いったいどうなってしまうのか!?続きはDAM★動画で。


アッパーな2曲を撮影し終えて「ライヴより疲れるなこれ!」と息を切らすモリ。本気の歌唱をしながらも、「どうすればコラボ動画を撮る人が楽しめるか?」を緻密に考えて、歌を押し引きしているところがすごい。そのサービス精神こそがフラチナリズムが支持されている理由なのだろう。最後は、さきほどとは打って変わり、しっとりしたバラード「帰っておいで」を歌うことに。アーティスト写真で着ている衣装に着替えたモリと田村が部屋に残り、モリの歌と田村のハモりにより収録。見事なデュエット仕様になっているので、応募する人はかなり感情移入して歌えるはずだ。こちらもぜひ歌ってみて欲しい。



3曲すべての撮影を無事に終え、今撮ったばかりの動画を再生して、モリが自分自身とコラボしてみることに。応募するみなさんに代わって、自らモリとのデュエットを実演するモリ。画面の中のモリに「ハイッ」と歌を振られて歌うモリ。モリがモリに歌を促してモリが歌う。向かい合ってシンメトリーになる瞬間もあるなど、不思議な光景が繰り広げられた。DAM★ともってスゴイ。「じゃあ次は「あずさ2号」歌おう」とあきらめないモリをよそに、動画撮影はここで終了。「KAN&PAI -THE GENESIS-」「やってらんねえ」「帰っておいで」以上3曲の「DAM★とも動画」の撮影が完了。5月25日より応募が可能となっている。それぞれが見逃せない動画となっているので、フラチナリズムと一緒にカラオケを楽しみながら応募してみよう。

<フラチナリズム 「DAM★ともプレゼント企画」>

期間:5/25~6/30
★コラボ動画:
最優秀賞:韓国旅行2日間の旅 (2名1組)
優秀賞:松阪牛…3名様

★歌唱のみ:抽選で
●カラオケパーティー 7組14名
日程:7月25日(火)18:00開始予定
場所:都内某所
●ライヴご招待
日時:6月24日(土)
会場:ディファ有明
人数:5組10名様
※ライヴご招待のみ締め切りが6/11

◆フラチナリズムのミニ・インタビュー
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報