バンド結成25周年を記念して2017年4月8日および9日、東京ドーム2Days公演<25th L'Anniversary LIVE>が開催された。2日間計11万人を動員した同公演はチケットに60万人の申し込みが殺到し、わずか数分で即完売。また、日本国内50ヶ所に加え、世界10地域 (香港、台湾、韓国、インドネシア、タイ、メキシコ、コロンビア、コスタリカ、グアテマラ、ペルー) 13都市16ヶ所でライブビューイングが行われるなど、東京ドーム以外でも約35,000人が同ステージを目撃している。

◆L'Arc-en-Ciel 画像

これを記念して放送がスタートした『L'Arc-en-Ciel × WOWOW “L'Anniversary” Special』は、計4番組を2ヵ月にわたってオンエアするというもの。先ごろ、<15th L'Anniversary Live>および<20th L'Anniversary LIVE>が放送されたが、いよいよ6月24日、ワールドツアーに密着した2014年公開のドキュメンタリー映画『Over The L'Arc-en-Ciel』に加え、前述の<25th L'Anniversary LIVE>がWOWOW独占オンエアされる。

25歳になったL'Arc-en-Cielが<25th L'Anniversary LIVE>で観せたものは卓越したアート性とエンターテイメント性、そしてあまりにも豊かな音楽性と演奏力だ。これらを高次元で貫きながら、セットリストに滲む25年の深さと重さ。そこには彼らの歴史が大きく横たわって、美しく強く変幻自在なL'Arc-en-Cielサウンドの本質を浮かび上げる。メンバーと11万人の笑顔が証す感謝と祝福はどこまでもピュアで麗しく、彼らの歩みを物語る演奏シーンがそこかしこに散りばめられて実に感動の2Daysとなった。


<25th L'Anniversary LIVE>は事前にオフィシャルサイトでファンから演奏曲のリクエストを募っており(Web企画『Mission L'Arcollection』/Mission 1「25th L'Anniversary LIVEで聞きたい曲を集めよ」)、それを受けるカタチでサブステージにて披露されたのが「Voice」だ。“L'Arc-en-Cielの原点みたいな気がする”という同曲はken作曲ナンバーであり、そのレコーディング当時、hydeは“こんな曲をやれるんだ。嬉しいなと思った”と語るなど、結成間もない25年前を連想させる演奏シーンでもあった。

ライヴ終盤で演奏されることの多い「虹」は、現在の4人で最初にレコーディングされたナンバーだ。充電期間を経て、活動再開後の第一弾としてリリースされたシングルであり、自らのバンド名を冠した同曲は、その歴史の中での重要曲のひとつ。「虹」での開幕に東京ドーム内から大歓声とどよめきが起こり、<25th L'Anniversary LIVE>に込めた想いが両日のオープニングを鮮やかに輝かせた。

また、L’Arc-en-Cielの歴史を振り返る約10分間の長編レア映像がLEDスクリーンに映し出された直後、立て続けに演奏された「花葬」「浸食 -lose control-」「HONEY」は1998年当時の鮮烈な記憶を呼び覚ます。史上初のシングル3枚同時リリース、シングル2週連続リリース(「snow drop」「forbidden lover」)、翌1999年のアルバム2枚同時リリース(『ark』『ray』)など、戦略面でも未知へ果敢に挑み、新たな地平を切り拓いてきた前代未聞/前人未踏を楽しむスタイルは、まさしくL'Arc-en-Cielそのもの。しかも、タイプの異なる作品の数々を次々とチャートのトップに叩き込むのだから恐れ入る。ちなみに、同年開催された<1999 GRAND CROSS TOUR>は、スタジアムなどの施設を用いず、広大な土地に特設ステージを設置、全12公演で計65万人を動員した。これら空前絶後の暴挙を軽々とやってのけるバンドなど果たしてL'Arc-en-Cielの他にいるだろうか。


2001年以降はバンドと併行して各メンバーのソロ活動が始動。結成15周年となる2006年には、先ごろWOWOWにてオンエアされた<15th L’Anniversary Live>が東京ドームで開催されている。そして2011年の結成20周年ライヴ<20th L’Anniversary LIVE>の翌年に開催されたツアーが<L'Arc-en-Ciel WORLD TOUR 2012>だ。日本人アーティストのワールドツアーとしては、おそらく後世に語り継がれるであろう同ツアーは香港、バンコク、上海、台北、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、あいだに日本公演を挟んで、ホノルル公演と、全世界14都市17公演を廻る巨大スケールで行なわれたもの。その全行程に密着した映像で構成されたドキュメンタリー映画は、まるでメンバーのすぐ近くで日本音楽史に残るツアーを一緒に体験しているような臨場感溢れるスリリングな内容となっている。監督曰く「600時間を超えた」という膨大な記録から切り取られたドキュメンタリー映画『Over The L'Arc-en-Ciel』は6月24日(土)夜6時15分よりWOWOWプライムにて放送される。

これら25年の輝かしい歴史をもってL'Arc-en-Cielの全てが注ぎ込まれたステージが<25th L'Anniversary LIVE>だった。ライヴ初披露となった最新シングル「Don't be Afraid」は光と闇とが交錯していくようなナンバーであり、今後のステージでさらに成長していく予感に満ちた彼らの未来。歴史の深さも、この先にある新しさも、すべてが祝福と感謝に集約された2日間の笑顔は、L'Arc-en-Cielの未来へと繋がっていくはずだ。<25th L'Anniversary LIVE>放送は6月24日(土)夜8時より。東京ドーム2Daysの規模で行なわれたライヴの模様が2時間に凝縮して届けられる。

提供◎WOWOW

◆【レポート】L'Arc-en-Ciel、<25th L'Anniversary LIVE>WOWOW独占放送に観たハイライトへ


■『L'Arc-en-Ciel × WOWOW “L'Anniversary” Special』
『Over The L'Arc-en-Ciel』

放送日時:6月24日(土)夜6:15 [WOWOWプライム]

■『L'Arc-en-Ciel × WOWOW “L'Anniversary” Special』
<L'Arc-en-Ciel 25th L'Anniversary LIVE>

放送日時:6月24日(土)夜8:00 [WOWOWプライム]
収録日:2017年4月8日、9日/ 収録場所:東京ドーム