【インタビュー】まねきケチャ「新体制でライブ会場をパンパンに埋めたいです!」

twitterツイート

2017年の開催を間近に控える海の家ライブハウス<OTODAMA SEA STUDIO>。13回目の夏を迎える今回は、会場を神奈川県三浦市・三浦海岸へと移し、新たなビーチで73日間にわたって熱いライブが繰り広げられる。

◆クレイ勇輝×まねきケチャ画像

BARKSでは6月30日(金)の開幕に向け、プロデューサーであるクレイ勇輝と出演アーティストによるスペシャル対談をお届けする。今回登場するのは、音霊初出演となるまねきケチャ。6月にメジャーデビューを迎える彼女たちが、この夏への意気込みを語る。

   ◆   ◆   ◆

■他のアーティストさんと何かできたら楽しそう!(宮内凛)

クレイ勇輝(以下、クレイ):はじめての音霊。やってみたいことは?

松下玲緒菜(以下、松下):ステージからお水を撒きたい(笑)。

中川美優(以下、中川):歌うときにタオルを振り回す「SPLASH」って曲があるんですけど、海でそれをやってみたいです。

クレイ:フェスの醍醐味だよね。キマグレンの頃、「LIFE」って曲でタオルを回してたんだけど、お客さんにも絶妙なタイミングで回させる間の取り方があったりして。適当なようで意外と計算されてるんだよ。音霊のぞきにくれば? いろんなタオル回しを見て、勉強してみてください(笑)。

宮内凛(以下、宮内):私は、他のアーティストさんとステージに立ってみたい。トークでもいいから、一緒に何かできたら楽しそう!

クレイ:できると楽しいよね。しかも音霊って予想外のことが多いんだよ。小田和正さんのライブに遊びに来てた松たか子さんがステージで歌うことになったり、去年もさかいゆうくんが遊びに来ててステージ呼ばれたり、僕もゴスペラーズにステージ引っ張り出されて無茶ぶりされたことあるし(笑)。

一同:すごーい! 楽しそう(笑)。


クレイ:砂浜でライブやるなんてことある?

藤川千愛(以下、藤川):はじめてです。すごいです!

松下:プライベートでも海って行かないんですよ。

宮内:日焼けすると、肌が弱くて赤くなっちゃうんです。海で遊んだことないから、みんなで遊びたいけど……。

クレイ:大変だね。俺なんて年がら年中日焼けしてるから。

松下:日サロ行ってるんですか?

クレイ:行かないよ(笑)! 外にいるから焼けちゃうの!

中川:私はガンガン海行きますよ。海に入って遊んで、海の家もいろいろ楽しめるし。アイスも食べたいですから。

宮内:アイスばっかり食べてるんですよ! 美優様(中川)の家に泊まりに行ったとき、「なんか食べていいよ」って言われて冷蔵庫開けたらアイスしか入ってなくて(笑)。朝からアイス食べるのかぁ……ってなりましたもん。

クレイ:俺も朝からアイス食べてるかも(笑)。おいしいよね。



クレイ:ライブのことで何か聞きたいことあります?

藤川:はい! 毎日のようにライブやってるんですけど、飽きられないステージにするにはどうしたらいいですか?

クレイ:ライブって生じゃん。お客さんは体調とか気分の変化も含めて見に来てくれるから、自然体でいいんじゃない? こなさないようにするって気持ちが大事かな。

松下:はい。そういう気持ちが大事なんですね。

クレイ:今日の歌声すごくいいとか、MCがバチッとハマるとか、ダンスがシンクロしてるとか思った瞬間、すべてが許される空気が流れるときがある。そんな魔法がかかったような時間を“マジック”って呼んでたけど、それが起きる確率を上げるために模索して何かをやっていくんだよね。


藤川:勉強になります! ライブ前に落ち込むようなことがあったとき、ステージの切り替えはどうしてますか?

クレイ:リアルにツラいことあったほうがいいと思う。何もない日々を特別にもってくのは難しいけど、ツラいことあるとエネルギーに変えられるじゃん。例えば彼女にフラれたとして、いいライブやったら振り向いてもらえるかもしれないって期待してがんばれたりするから! ポジティブー(笑)!

松下:確かに(笑)。歌に気持ちも入りやすそうですよね!

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報